「ガイアの夜明けで放送された事は、まったくのでっち上げ、完全にはめられた」

※以下の記事は古い内容になっています。インターセラーズはスタッフサービスからOGIホールディングスという何をやっているのかいまいち良く判らない企業へ売却され、さらにOGIホールディングスの関連会社一覧を見てもどこにも存在が確認できなくなっています。また、インターセラーズから支援を受けていたはずの蔵元のサイトを確認してもその記述が一切消えており、会社は清算されたかどこかに合併されたか、いずれにしてもいまは存在しなくなったようです。正直なところ「また、ガイアの夜明けか」という気がしないでもありません。

リンク: 濱田屋 日記:蔵元が大変な事に.
リンク: 地酒.たかま酒店.blog: 太陽酒造を応援下さい.

神戸の酒屋さん、そして茨木の酒屋さんが書かれた太陽酒造という灘の蔵元に関する衝撃の事実です。本件についての太陽酒造さんの公式見解はこちらに出ています。

どういう事が起こったのか、このサイトだけではなく、事情をご存じのBLOGやほかの酒屋さんのサイト、報道など様々な情報をまとめると以下のような感じです。

  1. スタッフサービスの子会社であるインターセラーズが経営難にある太陽酒造に債務の肩代わりと販路拡大のための提携を持ちかける
  2. 経営状況が厳しいため、インターセラーズの誘いに乗って提携を行う
  3. 肩代わりの債務に「顧問料」を乗せた金額をインターセラーズが太陽酒造へ貸し付けた契約形態を取るも「ちゃんと売るから大丈夫」と説明
  4. 太陽酒造は本来50石の蔵なのに150石の生産を要求、さらに全量自分たちで捌くと要求
  5. 従来からの顧客がいるということでインターセラーズが100石、太陽酒造が50石の販売をすることになる
  6. 太陽酒造側は50石を完売するもインターセラーズは20石しか販売できなかった
  7. インターセラーズは「売れなかったのは太陽酒造に責任があるので貸し付けた金額(3で説明した部分)を全額返すか酒造免許と土地をよこせ」と要求
  8. 太陽酒造は当面の資金繰りのめどが立ち、インターセラーズとの提携関係を解消
  9. 現在、新たな提携先・スポンサーを募集中

これを読んで下さっている皆様にお願いです。こうした状況に追いやられてしまった太陽酒造さんにぜひとも今回だけでも救いの手をさしのべてあげて下さい。もちろん、太陽酒造さんにも甘いところがあったのも事実だとは思います。しかし、こうしたやり口を許すわけには行かないのではないかと思っています。
方法は簡単です。太陽酒造さんの日本酒を一本購入すればよいだけです。どこで買えばよいか判らない方は太陽酒造公式サイトで販売店が紹介されていますのでご確認下さい。掲載されている酒屋さんに電話で聞けば通信販売をしているところもあると思います。

インターセラーズというこの会社、テレビ東京ガイアの夜明けで、さも日本酒業界における救世主であるかのように報道されました。概要はいまでもこちらでみることができます。この概要の中に印象的なコメントがあります。

運営支援を担当するスタッフサービスのグループ会社「インターセラーズ」社長の津端さんは、支援の目的について「日本酒市場は今が底。だが何百年の歴史を持つ日本酒がなくなるわけがない。いずれ業界の淘汰が終われば市場は反転する。そこからがビジネスチャンスなんです」と語る。

きっとここでいう「ビジネスチャンス」とは、市場が反転するまでの間にいかに自分たちの自由になる日本酒の免許と土地をたくさん集めるか、ということが重要だということなのでしょうね。そのために蔵がいままで歩んできた歴史や顧客は全て無視、借金を背負わせて経営権を奪取しなければならないということなのでしょう。さらに経営がうまくいかなくても蔵は広大な土地を持っているのでいざとなれば蔵をつぶして土地をマンションにでもすれば回収可能という算盤をはじいたのでしょうね。

それにしてもこのスタッフサービスの子会社であるインターセラーズという会社のやり方はえげつない。近年の偽装派遣問題なとで派遣業というだけでどうもうさんくさい感じがしていたのですが、今回の太陽酒造さんに関する騒動をみているとさらにうさんくさげな感じが増しました。

2008/02/24追記.一部でこの記事について「感情論」という話も出ているようですが、長らくこのような酒類のBLOGをやっておりますとそれなりに情報は入ってきますし、誰にどのようなことを聞けばどんなことが判るのか、というのも見えてきます。インターセラーズについてはこれだけ大々的に各所で取り上げられている状況と事業開始後に延べ何社と提携して、いま残っているところは何社なのか、現在提携している蔵やかつて提携をしていた蔵の所在地などを冷静に観察すると「なるほど」と判る動きもしています。実際に入手した情報ではここに書いた以上の情報も多々あるのですが、そこまで書くと情報源が秘匿できないのであえて書いていないこともありますことを念頭に置いて頂ければ幸いです。

SUNTORY PRESENTS シングルモルト&ミステリー10周年×日本推理小説作家協会60周年 特別企画 シングルモルト歴代チャンピオン大会

070529_1853
既に5日も前のことになってしまうのですが、5月29日にModern Syntaxの筆者であるモダシンさん経由でサントリーからご招待頂いた「SUNTORY PRESENTS シングルモルト&ミステリー10周年×日本推理小説作家協会60周年 特別企画 シングルモルト歴代チャンピオン大会」へお邪魔して参りました。

1998年から推理作家がサントリー山崎蒸留所で毎年開かれているイベントで今年は10周年ということもあり、東京・品川インターシティホールで開催されました。

まず前半はトークショーで、ウイスキーに関するこだわりや最近書いている小説、近況などをざっくばらんに話してくれました。推理小説作家というと人嫌いで無愛想なんていうイメージもありましたが、皆さん大変にトークが面白く、そしてこだわりがあることが判ります。実際に当日審査をするということでその準備をしている間は休憩時間が設定され、後半に公開審査、そしてサントリーのチーフブレンダーによる総評を交えながらのトークショーと相成りました。イベント自体は報道にもあったように新宿鮫シリーズで知られる大沢在昌氏が優勝しました。インタビューの様子を後から拝見していたのですが、大変な喜びようでした。以下大沢氏の談話です。

「今までは使用したことのないスモーキーフレーバーを持った原酒が今年は大変に美味しかったのでこれを25%使用してみた。この原酒に胸を借り全てをゆだねる気持ちだったのだが、原酒のいいところを残しつつ、スモーキーさを殺すために甘めの原酒で全体的に調和を取るようにしてみた。8年やっているが大変に奥が深く、今回選ばれたのは大変に嬉しい。」

既に
サントリー山崎蒸留所blog 2007年「シングルモルト&ミステリー」チャンピオン決定!
dh's memoranda ウイスキーの「謎」
Modern Syntax 「シングルモルト&ミステリー10周年 シングルモルト歴代チャンピオン大会」に行ってきました。
ミズタマのチチ: ピヨピヨ 人気推理作家の作る謎の味わいは? サントリー、シングルモルト&ミステリーチャンピオン大会。
WADA-blog サントリー シングルモルト&ミステリー「謎2007」
などにトークショーの中身に関して詳細が出ているので、そちらに譲るとして、このBLOGは酒つながりということで、休憩時間に「試飲」として提供された4種類のシングルモルトについて詳細を上げます。

休憩時間に提供されたシングルモルトは以下になります。
サントリー山崎12年
サントリー白州12年
スコッチ ザ・マッカラン12年
スコッチ ボウモア12年

試飲はロックで提供されたので全てロックで呑みました。

初めて呑んだスコッチ2種ですが、まずボウモア12年を頂きました。大変にスモーキーで口の中が燻されているような感じさえ受けましたが、それでいて後味がすっきりと抜けていくので呑みやすいウイスキーであると感じます。マッカラン12年のほうは口当たりは柔らかく甘い感じがいますが、のどへ通すとすっきりと切れていっていつまでも甘い感じが残らないウイスキーで、これはこれでおいしいと思います。

日本を代表するウイスキーである山崎12年は昔から結構好きで呑んでいるウイスキーなのですが、柔らかい香りとともに甘い味わいが口の中に広がる美味しいウイスキーのままでした。一方、白州12年はスモークチーズのようなスモーキーな香りがするとともにパンチの効いた味わいのするウイスキーです。個人的にはべたではありますが、やっぱり山崎12年が一番好みに合いました。

同じ会社のモルトウイスキーが蒸留所を変えるだけでここまで大きく味わいを変えるというのはウイスキーの醍醐味といえるでしょう。個人的には本格焼酎でもこうした違いをもっと引き出せるように樽熟成に関する国税庁指導を一日も早く撤廃して欲しいと強く願います。

おみやげとして「山崎蒸留所」という頂きましたが、山崎蒸留所限定販売品のようです。また、今回、大沢氏が調合したウイスキーは「謎 2007」として4ヶ月の後熟期間を経てサントリーの通信販売サイトで販売されます。現在、こちらで予約受付中のようです。名だたる強豪を倒して2度目の栄冠に輝いたウイスキーがどんなものか、呑むのが大変に楽しみですね。

同業者のサイトから文章を盗用する料飲店

以前私のサイトから内容を盗作した店や個人サイトがあったのですが、こんどは私が懇意にしている焼酎バー古典の
http://home.c06.itscom.net/koten/kodawari.html
がほとんど盗用されました。

盗用したのは
http://r.gnavi.co.jp/a692700/(あえてリンクは張りませんのでコピペで確認してみてください)
焼酎Bar 祝 SYUKU
です。

元々古典の文章は
「当店は芋焼酎を中心に米・麦・黒糖・泡盛などの本格焼酎を提供しております。(中略)本格焼酎をまだあまり呑んだことがないという方のご来店は大歓迎です。お客様の好みに応じて100種類以上の焼酎の中からいろいろなものをお薦めいたします。また、本格焼酎についてもお気軽におたづねください。いま呑まれている焼酎の特徴や麹の種類、蔵の場所など、なんでも結構です。」
となっています。これは私が原案を出して、古典のマスターである長屋さんがアレンジをしたものです。掲載は古典のサイト開設時ですからもう4年くらいになります。ちなみにこの文章は焼酎の種類を70から100に増やした程度で掲載当時から一切中身を変えていません。

一方、パクリサイトは
「当店は芋焼酎を中心に米・麦・黒糖・泡盛などの本格焼酎を提供しております。本格焼酎をまだあまり呑んだことがないという方のご来店は大歓迎です。お客様の好みに応じて200酒類以上の焼酎の中からいろいろなものをお薦めいたします。また、本格焼酎についてもお気軽におたづねください。いま呑まれている焼酎の特徴や麹の種類、蔵の場所など、なんでも結構です。貴方好みの焼酎を見つけさせていただきます。」
となっています。ご丁寧に「呑」「おたづね」まで一緒です。

こういう店舗は何を考えているのかと本当に疑問に思います。いつもは実名を出しての批判はしないのですが料飲店でありながらこうした行為に及ぶということでそれなりの制裁を受けて頂くべく、あまり影響はないと思いつつBLOGでも告発することにいたしました。ちなみにぐるナビにも通報しています。どういう態度でくるかすべて公開いたします。

今回ばかりは本当に怒っております。

以下は2006/06/01追記です。
株式会社ぐるなびから以下の内容のメールが届きました。
-----ここから-----
ご連絡いただきました件についてですが、
確認をさせていただきましたところ、
現在、ぐるなびにて掲載しております該当店舗様の掲載内容は、
全て該当店舗様よりいただいた原稿を元に、
作成させていただいております。
情報の更新につきましても、全て店舗様にお任せしております。

いただきました件につきましては、
至急、該当店舗様に確認の上、掲載内容の変更を
促して参りたいと思います。

ご連絡いただきまして、誠にありがとうございました。

上記、ご確認の上、何卒ご理解いただけますよう、
お願い申し上げます。
-----ここまで-----
指導してくれるようですね。しばらく様子を見たいと思います。

以下は06月03日追記です。
文章が削除され、改定されました。ぐるなびが指導をしてかえさせたようです。ぐるなびが比較的しっかりとした対応をしているということが判ったのが収穫でした。この記録はきちんと保存しておこうと思います。

酒飲みが注意すること

先週、どうにも足の調子が良くなく、医者に診てもらったところ、「カリウム不足」と指摘されました。野菜不足と炭水化物の取り過ぎでカリウムか不足するそうです。あと、利尿作用のある飲み物を取りすぎることも尿からカリウムが排出されるので良くないとのこと。ちなみに利尿作用がある飲み物とは……そうです、酒類も当然入ります(笑)
病気になっては美味しいお酒も飲めないので、野菜を多めに取ることにして、あと野菜ジュースも出来るだけ毎日飲むようにしています。ちなみに私が飲んでいるのは伊藤園一日分の野菜です。伊藤園にはほかにも緑の野菜とか充実野菜などがありますが、一日分の野菜が一番カリウムが多いので、これにしています。ほかにもカゴメ野菜一日これ一杯野菜一日これ一本)などもありますが、個人的に一日分の野菜が一番好みに合うのでこれを選択しています。
皆さんもお酒を飲む前に野菜ジュースを飲むようにしてみてはいかがですか?

酒造りも文化財指定へ

酒造りや棚田も文化財指定、文化庁が改正法案提出へ

これは非常に画期的な。旧来より続く伝統的な酒造りの手法は企業の自助努力によってのみ存立しているが、きちんとした保護の体型が整うことになる。
本格焼酎は地酒ブームの顛末を見ているためか大手ほど機械化されない手作りを残そうという動きを見せている。そうした動きも今後はしっかりと保護されていくことになるのだろう。

  • entry169ツイート
  • Google+