おすすめの焼酎(芋焼酎篇)

このBLOGではあまり個別の特定銘柄を推奨しないようにしていたのですが、銘柄が激増していることから「私見でかまわないのでおすすめを教えて欲しい」というご要望をいただくことが多くなりました。そこで完全に筆者の好みですが、おすすめの焼酎をつれづれに書き連ねて参ります。今回は芋焼酎篇です。

1.海(うみ)(鹿児島・大海酒造
焼酎を飲むのがはじめて、という初心者へ必ずすすめる芋焼酎です。減圧で醸された焼酎は実に端麗で飲み口はさわやかです。芋焼酎に対して苦手意識を持っている人に飲んでもらうと「これが芋焼酎か」と驚かれます。その意味で焼酎初心者向けです。お酒自体が好きな方は物足りないと思われるのは間違いなく、芋焼酎ということを期待して飲むと逆に裏切られてしまいます。

2.いも麹芋(鹿児島・国分酒造協業組合
こちらも焼酎初心者におすすめしている焼酎です。一般的な芋焼酎は米を麹にして芋を掛けて醸しますが、この焼酎は芋を麹にした元祖の焼酎です。今でこそ、様々な蔵から芋麹の芋焼酎が発売されていますが、この焼酎が出るまでは芋で麹を作るのは不可能であるとまでいわれていました。現在でも芋麹の芋焼酎の中では群を抜いて美味しいと保証できる焼酎です。芋麹ということでいわゆる「くさい」と思われる向きもあるかもしれませんが、たいへんすっきりしていて、芋の甘さやうまみがダイレクトに感じられる逸品です。

3.黒霧島(宮崎・霧島酒造
いわずと知れた超有名銘柄です。スーパーにも普通に並んでいるこの焼酎をおすすめするとたいていびっくりされます。おそらく驚く方の多くが「スーパーの日本酒はいまいち」とか「日本酒は大手酒造メーカーだと美味しくない」という印象をお持ちだからではないかと思います。だからこそ、あえて私は黒霧島を飲んでみて欲しいとすすめます。本格焼酎はこうした大手酒造の日本酒や連続式蒸留焼酎(甲類焼酎)を混ぜた「混和焼酎」とは違って、大手でも品質にかなりのこだわりを持って販売しています。その証拠に一時期の黒霧島ブームで原酒が足りなくなったとき、霧島酒造は適当に増量して儲けに走るのではなく、出荷規制を行ってまで調整をしたことがありました。そんなわけで手軽に楽しめる「庶民の酒 焼酎」の真骨頂ともいえる黒霧島を一つあげてみます。

4.旭萬年白麹(宮崎・渡邊酒造場)
飲み慣れた方におすすめしたいのが宮崎・渡邊酒造場の旭萬年です。黒麹も美味しいのですが、私は白麹の方が好きです。非常にどっしりとした芋焼酎らしい芋焼酎で、お湯割りが一番おすすめです。焼酎通ばかりではなく、ちょっといい芋焼酎を飲みたいという方にもぴったりです。最近は人気が高くなっていて、店頭でも売り切れが増えてきていますが、居酒屋などで見かけた際にでも是非とも楽しんでみて下さい。また、同じ蔵の限定商品で「無濾過萬年」は更にがつんとくる焼酎です。期間限定でなかなかお目にかかれない逸品ですが、こちらも見かけたときは是非とも試してみて下さい。

ほかにもおすすめしたい芋焼酎がたくさんあるのですが、無限に書き連ねてしまいそうなのでこの辺にとどめておきます。なお、ここで上げた芋焼酎は、黒霧島を除いて、渋谷の焼酎バー古典さんで飲むことが可能です。ほかでは出荷直後しか見かけない無濾過萬年も古典さんですと一年中飲むことが出来ます。運が良ければ昨年出荷分もあるので飲み比べも可能です。バーの雰囲気で芋焼酎を飲むのもなかなかたのしいですので機会がありましたらぜひ寄ってみて下さい。

世界初のなでしこ酵母麦焼酎「なでしこ」(壱岐の蔵酒造)で乾杯

女子サッカー日本代表「なでしこジャパン」の国民栄誉賞受賞が決まりました。いろいろと勘ぐる向きもありますが、日本国内に感動と喜びを与え、さらにサッカー界では史上初めての国際大会での世界一ですから、ここは素直に受けて入れたいものです。
なでしこといえば花ですが、実は日本では世界でも珍しい花から酵母をとり、それを酒造りに生かそうという研究が進んでいるのです。その研究をしているのが東京農業大学の中田久保教授の研究チームで、日本各地の蔵元が参加する「東京農大花酵母研究会」と協力しながら花から酵母を抽出し、実際に醸造して研究が進んでいます。いまでは13種類もの花から日本酒や本格焼酎の醸造に利用できる酵母が抽出されており、さまざまな日本酒が市場に出回っています。ところが、花酵母で仕込んだお酒は香りが華やかになる反面、高い温度と酸に弱いため、温暖な地域で醸造され、製造過程において白麹・黒麹から強い酸が出る焼酎においてはなかなか花酵母の製品が登場しませんでした。
壱岐焼酎「壱岐っ娘」の蔵元として知られる壱岐の蔵酒造(旧.壱岐焼酎協業組合)は、2001年からこの課題に挑戦、試行錯誤の末、高い技術力を持って翌年には本格麦焼酎「なでしこ」の製品化にこぎつけました。この焼酎は花酵母由来の気品ある香りはきちんと残したままで麦焼酎のしっかりとした豊かな味わいを実現しています。花酵母で仕込まれた日本酒は好き嫌いが大きく分かれるところなのですが、この「なでしこ」は花酵母が苦手だった人もスムーズに飲める、そんな素敵な仕上がりになっています。

ぜひ、高い技術力で世界一に輝いたなでしこジャパンの功績に思いをはせながら、高い技術力で生産に成功した世界初の花酵母麦焼酎「なでしこ」を味わってみてはいかがでしょうか。

青鹿毛初荷、いま麦焼酎が熱い

6月9日、宮崎都城から新しい麦焼酎が出荷されました。柳田酒造さんの青鹿毛という焼酎です。常圧で蒸留されたこの麦焼酎はいままで多くの人がもっていた麦焼酎に対するイメージを大きく変えることと思います。

いつも芋ばかりで麦は苦手という方も柳田酒造の駒・赤鹿毛・青鹿毛、渡邊酒造場の麦麦万年・万年星、宮原酒造の嶋自慢、壱岐焼酎組合の壱岐っ娘・大祖、小玉醸造の潤の醇、樫立酒造の島の華、ゑびす酒造のらんびき、藤居醸造の泰明、常徳屋酒造場の常徳屋、久家本店の常蔵、重家酒造のちんぐを是非本格焼酎・泡盛横浜大選集へ呑みにきて下さい。全てを気に入ることはなくてもきっとどれかは好きになってもらえると思います。

今日はちょっと熱くなってしまいました(;^^A

いも焼酎/若松弥右衛門(若松酒造)

今回は若松酒造若松弥右衛門をご紹介します。

若松酒造さんの本格焼酎は「わか松」が一番著名で、最近力を入れているという「薩摩一」とともにスーパーなどでもよく見掛けるようになりました。
若松弥右衛門はいも焼酎の原酒を樽でじっくりと熟成させ、3年以上寝かせたものを和水して25度の商品として発売しています。ストレートをグラスへ入れるとほんのりと琥珀色に色づいており、華やかな香りが立ちます。口に含むと芋焼酎の甘さとともに樽熟成ならではのウイスキーのような芳香が鼻を抜けていきます。本格焼酎は国税当局の指導で琥珀色が濃い商品は認められていないのですが、そんな指導は今すぐ撤廃してもらって、原酒をそのままの状態で呑んでみたいと思わせる逸品です。
ロックにむいていますのでこれからの季節にぴったりだと思います。

米焼酎/繊月大古酒(繊月酒造)

繊月酒造さんの代表銘柄である繊月を土中で30年以上寝かせたものを商品化したのが繊月大古酒です。化粧箱に入れられ、白い瓶に入った中身はトロトロとした米焼酎です。複雑な味わいは一言では言い表せません。「焼酎が熟成するというのはこういうことなのか……」と驚くこと間違いなしです。

本格焼酎を寝かせて、といっても10年くらいが多い中で30年以上寝かせたものを計画的に出している繊月酒造さんはたいしたものだと思います。ここは様々な古酒を持っているのですが、繊月酒造さんの古酒は本当に日本の本格焼酎界における至宝だと思います。

30年以上も寝かせているので値段的にはそれなりにしますが、ぜひとも一度ストレートでちびちびと呑んで欲しい、そんな逸品です。

麦焼酎/赤鹿毛(柳田酒造)

私の好きな銘柄ですが、芋焼酎ばかりではなく違った種類の焼酎もご紹介して行こうと思っています。今回は数ある麦焼酎の中から柳田酒造さんの赤鹿毛(あかかげ)をご紹介します。

麦焼酎一本での生産を続ける柳田酒造さんは宮崎県都城市にあります。代表的な銘柄は減圧・イオン交換ろ過ですっきりまとめた「」です。この技術を生かして、常圧より少しだけ圧力を下げ、でも減圧までは下げきらない微妙な圧力調整を行って蒸留しているのが赤鹿毛になります。常圧と減圧の間を取るというのは大変に難しい技術で、柳田さんのほかにはあまり聞かない手法です。

独特の香りがするとともにお湯で割ると麦の甘みが引き立つ常圧と減圧のいいとこを取ってきた麦焼酎です。麦焼酎をはじめて飲んでみるという方にお勧めの出来る麦焼酎だと思います。

2007/04/20追記
熊本国税局が主催する「平成19年酒類鑑評会」において、赤鹿毛が優等賞入賞を果たしました。記事を挙げた直後にこの快挙。ファンとして大変に嬉しく思います。

いも焼酎/さつま白波(薩摩酒造)

久々の好きな銘柄ですが、今回は鹿児島の王道、さつま白波をご紹介します。

もう私が改めてご紹介するまでもなく、鹿児島の芋焼酎としてその名を知られるさつま白波はスーパーなどでもよく見かけるようになってきました。スーパーなどでよく見かけるということで敬遠される向きもあるかもしれませんが、本格焼酎はそう名乗るために基準を厳密にしており、混ぜ物などで増量することが出来なくなっています。さらにさつま白波は「薩摩焼酎」の地理的表示もしています。これを名乗るためにはサツマイモは全量を鹿児島県産でまかなわなければならないのです。作りもしっかりとされており、安心して呑める焼酎といえます。

味わいは「これぞ芋焼酎」というしっかりとした味わいと香りが特徴です。いわゆる「ロクヨン」と呼ばれるお湯割の文化を大都市圏にもたらしたのはさつま白波の広告でした。それだけにさつま白波はお湯割りでうまい焼酎といえます。ロックではその価値が半減してしまうことでしょう。

もっとも手軽に買えて実は味わいもしっかりしている本格焼酎はさつま白波であるといえます。今までなんとなく敬遠されていた皆様もぜひ一度お湯割りでお試しください。

いも焼酎/千秀・さつまアサヒ(日当山酒造)

私の好きな焼酎を2回続けてご紹介します。今回は減圧蒸留の千秀と常圧でしっかりがっちりした味わいと香りを持つさつまアサヒです。

まず千秀ですが、これは減圧で蒸留されている焼酎で香りの高く味わいはすっきりという焼酎になります。飲み慣れた人は正直なところかなり物足りないと思いますがこれからいも焼酎を飲んでみようという初心者にはお薦めできます。実際、私もいも焼酎未経験な知人にはこの焼酎を奨めています。

一方昔ながらの味わいと香りを持つのがさつまアサヒです。これはがっちりした重厚な香りと味わいを持ちますのでお湯割りで呑みたい焼酎です。いも焼酎独特の香りと少し焦げたような味わいを持っていますので本当に飲み慣れてきた人はこちらをぜひとも試して欲しいと思います。地元でも良く出ている銘柄で地焼酎といえると思います。この焼酎を普通にお湯割りで呑めるようになれば「いも焼酎は呑めるよ」と知人にいってもいいと思います。そんな判断材料になる焼酎ですね。

いも焼酎/太古屋久の島(本坊酒造)

太古屋久の島

久しぶりに私の好きな銘柄を紹介します。
今回紹介するのは私が生まれて初めて自腹で購入した一升瓶に入ったお酒です。
本坊酒造さんが屋久島の蔵で作られている銘柄で芋の香りはしっかり、でも味わいはすっきりといういも焼酎です。焼酎に飲み慣れてきた方が減圧ものからステップアップするときにぴったり来るいも焼酎だと思います。

正調粕取焼酎/ヤマフル(鳴滝酒造)

正調粕取焼酎ヤマフル無濾過

佐賀県にある鳴滝酒造さんの正調粕取り焼酎をご紹介します。
粕取り焼酎というのは、清酒を醸造したあとに残る酒粕を蒸留して作る本格焼酎で、現在は吟醸酒の酒粕を蒸留機で蒸留するケースが多くあります。今回のヤマフルは昔ながらの方法で蒸留したもので、酒粕に籾殻を混ぜて通気を良くしているところが特徴です。この方法を用いて製造された粕取り焼酎は「正調粕取焼酎」と呼ばれています。これは粕取り焼酎の研究を行った九州焼酎探検隊が命名したものが一般化したもので、本格焼酎が好きな人々ならば知っている用語です。

味わいですが、非常に甘くがつんと来ます。いも焼酎のがつんとはレベルが違います。そして、香りはきわめて独特です。これは籾殻が焦げる時に焼酎にその香りが付くためで、この味わいが「美味しい」と思えるようなら、焼酎の達人と自負しても良いと思います。

飲み方はロックをお勧めします。昔ながらに呑みたいのでしたら氷砂糖を溶かしながら呑むというやり方もあります。お湯割りは香りがきわめて強烈です。ただ、私はお湯割りが一番美味しいと思っています。香り味わいともに呑む人を選択する強烈な個性の焼酎ですが、焼酎通ならば是非試して欲しい焼酎です。

米焼酎/川辺(繊月酒造)

川辺

久々に私の好きな銘柄をご紹介します。
これは球磨焼酎の名蔵・繊月酒造が地域限定で醸している焼酎になります。球磨郡相良村の「サガラッパ21の会」と繊月酒造が共同で開発した米焼酎で、原料米には相良村産「ヒノヒカリ」を使い、川辺川の伏流水を仕込み水として使用しています。
味わいは非常に上品で、ロックでもストレートでもいけます。お湯で割ると一本心の通った華やかな香りが立ち上ります。蔵元の品の良さは味わいからも感じられます。
球磨焼酎というと高橋酒造の「しろ」が有名ですが、これもまた一つの球磨焼酎の方向を示すものとして、ぜひとも味わって頂きたい逸品です。

いも焼酎/旭萬年(渡邊酒造場)

鹿児島の焼酎が続きましたが、宮崎でもいも焼酎の生産が盛んです。一般的に鹿児島のいも焼酎は濃厚なものが多く、宮崎は優しいタイプのいも焼酎が多いといわれています。
渡邊酒造場さんの萬年は、そうした宮崎焼酎のイメージからかけ離れた濃厚なタイプのいも焼酎です。
白麹旭萬年旭萬年黒麹とラインナップがあり、白麹はゆるゆると呑みたいとき、黒麹は濃いめにして呑んだ満足感を得たいときにそれぞれおすすめです。
やはりお湯割りがベストですが、もちろんロックで呑んでも美味しくいただけます。

黒糖焼酎/朝日(朝日酒造)

朝日

いも焼酎をいろいろと紹介してきましたが、今回は少し方向を変え、黒糖焼酎を紹介します。
いろいろな蔵元があり、美味しい焼酎を醸していますが、黒糖焼酎は奄美群島(正確に言うと大島税務所管内)でのみ醸造を許されている特殊な焼酎です。
その中でも私が好きなのは喜界島にある朝日酒造が製造している「朝日」です。ほかにもいろいろな黒糖焼酎があるのですが、朝日のもつこくとなめらかさが私にはあうようで、夏は朝日をロックで呑むことが多いです。私の父はこの朝日を水割りにして呑むのが好きで、よく呑んでいます。
この夏は6:4で割ったものを冷蔵庫で冷やしておいて呑むというのはいかがでしょうか?

いも焼酎/不二才(佐多宗二商店)

有限会社 佐多宗二商店

「薩摩の薩摩」というキャッチコピーの付いたいも焼酎。キャッチコピーの通り、非常に深く濃い味わい。いも焼酎に飲み慣れてくると頷きたくなるそんな味わい。味わいは非常に濃厚なので私は〆にゆったりとした気分で呑みたいときにこの銘柄を選ぶ。けして万人向きではないが、「いも焼酎が大好きで」と公言されている方ならば是非とも味わってほしい逸品。味わいの豊かさに納得されることは間違いない。

いも焼酎/いも麹 芋(国分酒造協業組合)

いも麹 芋

いも焼酎は、米麹を発酵させ、その中にふかしたサツマイモを入れて仕込みを行うのが原則です。いもで麹を作るのは困難であるとされていたのですが、このところの技術革新がそれを可能にしました。
そうした技術革新の先鞭を付けたのが国分酒造さんの「いも麹芋」です。いも麹仕込みのいも焼酎を全国に流通させたのは、私が知る限り、国分酒造さんが初めてです。

いもだけでつくった焼酎はいもくさいように思いがちですが、実はすっきりしていて、甘みの感じられる上品な味わいになります。

この焼酎はロックがお薦めです。もちろんお湯割りでもいけますが、この味わいにはロックが一番です。

余談ですが、一時期、いも麹芋→さつま国分→黒石岳という順番で呑むのが当たり前になっていたことがありました。国分酒造さんの焼酎は私の好みにぴったり来るようです(^^)

人気焼酎となったため、不当な価格で販売しているケースもありますが、上でリンクをしているようなきちんとした正規販売店ならばきちんとした価格で買えますので、私としてはこうしたお店での購入を強くお薦め致します。

いも焼酎/黒石岳(国分酒造協業組合)

黒石岳

一回目に紹介したさつま国分を醸す蔵の黒麹本格いも焼酎。手作業で濾過を行う焼酎で、深みとこくのある味わいが特徴。ゆるゆると飲み続けることができる。
ロックでも良いが、4:6のお湯割りを推奨する。こくと深みがあるので焼酎が少なくても十分な風合いが残る。是非試してみてほしい。

いも焼酎/伝(焼酎蔵薩州濱田屋伝兵衛)

海童というレギュラー酒を造る蔵の焼酎。海童は本社の大きな近代的な工場で作られているが、こちらは黄麹、手作業製麹、甕仕込み、木桶蒸留機使用、甕貯蔵というこだわりの焼酎。
黄麹は清酒用の麹だが、泡盛で使用されていた黒麹が焼酎へ導入されるまでは焼酎にも用いられていた。
黄麹はクエン酸を出さないため、もろみが腐敗しやすく、温暖な薩摩では管理が難しい。醸造技術が進歩した現代になってようやく鹿児島でも黄麹が安定して使えるようになり、最近は黄麹を使用した焼酎が増えている。
白麹や黒麹に比べて、黄麹は優しいタイプの焼酎になるのが特徴。
ロックでもお湯割りでも好きな呑み方で。いも焼酎/伝(焼酎蔵薩州濱田屋伝兵衛)

いも焼酎/千鶴(神酒造)

千鶴

この焼酎は神酒造が出しているレギュラー酒。
神酒造はタカラと提携して黒甕という焼酎も出している。
お湯で割ると味わいがしっかり感じられて好きなタイプである。
黒甕は千鶴を黒麹で仕込むとこうなるのではないかという味わいでやはり美味しい。
関東なら和民で黒甕が呑めるのでぜひともお湯割りで試してほしい。
いも焼酎/千鶴(神酒造)

いも焼酎/さつま国分(国分酒造)

自分の好きな本格焼酎なども紹介していければいいなぁ、と思っている。

さつま国分

私が好んで呑むレギュラー酒。鹿児島県国分市にある国分酒造協業組合で作られている。
レギュラー酒というのは癖の強いものが多いのだが、さつま国分はゆるやかな酒で、のんびり晩酌を楽しむには大変良い焼酎だと思う。
この焼酎はお湯割りでどうぞ。