FOODEX JAPAN 2007 レポート6~東京農大花酵母研究会・MN Propolis・総括感想~

FOODEX JAPAN 2007のレポート最終回はそのほかで目に付いたブースと全体的な感想を報告致します。

1.東京農大花酵母研究会
東京農業大学は、農学のみならず醸造関係に関する研究でも世界的によく知られた存在です。研究の一環で様々な花から酵母を抽出することに成功しています。そうした花から取り出された酵母――花酵母を使用して本格焼酎や日本酒を醸している蔵元が集まって共同出展したのがこのブースです。同じ蔵元の別の酵母を飲み比べてみましたが、本当に全く違う酒になっています。日本酒のほうがよりわかりやすいのですが本格焼酎でも違いがくっきりと出ていました。花酵母の酒を飲む機会があればぜひ同じ蔵元で飲み比べてみて下さい。私にとってはかなりのカルチャーショックでした。

2.MN Propolis
ブラジルの会社なのですが、ここがマンジオッカ芋を使用した本格焼酎をブラジルブースに展示していました。キャッサバという名称もあるマンジオッカ芋は、日本ではほとんど見掛けることはありませんが、良質なでんぷん質が取れることからタピオカの原料になるそうです。また、ブラジルでは普通に食用芋として食べられているとのことです。この芋を使用、鹿児島の濱田酒造が技術協力をして作られているのが「伯魂」(はっこん)という(日本でいうところの)本格焼酎とのこと。ブラジルでは九州から渡った日系人に好まれているそうで、今後日本にも輸入されてくるとか。一風変わった本格焼酎ですが、お湯割りで呑みたい感じの美味しい焼酎でした。見掛けましたらぜひ試してみて下さい。


~全体感想~
今回初めてFOODEXへお邪魔したのですが、幕張メッセを全部使用しての盛大なイベントだけあって、何しろ広い、という感想でした。本格焼酎関係のブースは全て見たつもりですが、見落としがありましたら申し訳ありません。

本格焼酎のブースは、一見すると全く違う方向を向いているように見えますが、実際には何処も「ブーム以後」を見据えて、動いているというのが大きな印象でした。文化を伝える蔵があり、まだ都会では一般的ではない飲み方を伝える蔵があり、ブームで向上したイメージを元に新たな世界へ踏み出す蔵があり、と何処も浮き足立つことなく、しっかりと一歩一歩歩んでいこうという動きをしています。FOODEXというのは大きな展示会です。そのため、本格焼酎のイベントで見掛けない、あるいは呼んで貰えない大きな蔵が多く参加していましたのでいつもとは違った感じを受けました。

都会の焼酎イベントはどうしても小さな蔵元のこだわり焼酎ばかりを追いかけてしまいますが、機会があれば今回出展していたような地元九州の焼酎シーンを全体で支えている大きな蔵にもぜひあって話を聞きたいと感じました。九州では様々な人々が一生懸命になっておられる、それは蔵の規模には関係なく、みんながそれぞれの立場で懸命なのだろうと思います。私がそうしたイベントをすることはおそらくは難しいとは思いますが、蔵の規模に関係なく、一回に一つの蔵元を招いてその蔵の焼酎をただ一緒に呑むという時間の共有をしてみたいと思うイベントでした。

6日間に渡ってレポートをしましたが、ここまで呼んで下さった皆様、どうもありがとうございました。このBLOGでは今後も本格焼酎に関してこのようなレポートもしていきたいと思っておりますので引き続きご愛読頂ければ有り難く思います。

FOODEX JAPAN 2007 レポート5~(資)比嘉酒造・久米仙酒造・ヘリオス酒造・久米島の久米仙・(有)比嘉酒造~

FOODEX JAPAN 2007レポートの第5回目は琉球泡盛関係ブースです。

琉球泡盛を醸す蔵元は5つ出ておりました。

1.(資)比嘉酒造
島唄」「まさひろ」を醸している合資会社比嘉酒造さんではメイン商品である島唄を紹介しておりました。今回は島唄だけではなく、最近力を入れているというストレートタイプの「まさひろもろみ酢」を発売したということで力を入れて紹介していました。もろみ酢100%の商品と8%ほどブドウ酢を入れた商品があり、両方とも非常に呑みやすく仕上がっていました。特に水で割ってみると薄くしているのにしっかりと味わいが残り、するする呑めて美味しい飲み物になりました。実はもろみ酢というのは苦手だったのですが、これは結構美味しく呑めそうです。

2.久米仙酒造
久米仙」を製造している久米仙酒造さんでは商品ラインナップに度数や熟成の違いで様々なタイプがあることから飲食店の提供したいスタイルによってどういう銘柄を並べればよいのか、などのアドバイスをされていました。さらに琉球泡盛のメーカーが良く手がけるもろみ酢を一歩進めて泡盛から米酢を作り、それを3年熟成させて市場へ提供することにしたそうで、その米酢「三年熟成 黒麹造り米酢」も展示されていました。泡盛を使用しており、コクを持った米酢は熟成されることで米酢独特の酢酸臭が丸くなり、とてもマイルドになっていました。発売したばかりでこれから市場に出回るそうですので、餃子などのお酢にちょっといいものを使ってみたいと思われているようでしたら結構お薦め出来ます。

3.ヘリオス酒造
ヘリオス酒造さんは「くら」で有名な蔵元です。ブースでも「くら」一色で樫樽で熟成した美味さを強調されていました。少し試飲を頂きましたが、相変わらずしっかりとした味わいを出されていました。

4.久米島の久米仙
美味しい泡盛を造り続けてきた仲里酒造さんが社名変更をして14年、久米島の久米仙という名称もすっかり定着したようです。商品ラインナップの中でも従来からある「」のリニューアルを実施、海をイメージしたボトルへと変更されていました。今回のFOODEXを機に本格投入をしていくそうで、近くのお店で見掛けることも多くなりそうです。

5.(有)比嘉酒造
残波の蔵元である有限会社比嘉酒造さんでは商品ラインナップを中心に紹介されていました。残波は色々な居酒屋でも見掛けますが毎年安定した作りをされているようです。


FOODEX JAPAN 2007レポート最終回は蔵元関係以外で目に付いたブースをご紹介して、全体的なまとめを致します。

FOODEX JAPAN 2007 レポート4~若松酒造・山元酒造・小正醸造~

FOODEX JAPAN 2007のレポート4回目は鹿児島の蔵元の続きで3ブースをお伝えします。

1.若松酒造
「わか松」が代表銘柄の若松酒造さんは黒麹で仕込んだ「薩摩一」がいま一番推薦している焼酎だそうです。取り扱いも増えているとのことで、そういえば我が家の近くでも薩摩一を売っているところが増えています。試飲で飲み比べてみましたが、レギュラー酒であるわか松と比べてこくがありますが、後味は切れる感じで呑みやすい焼酎です。黒麹独特のえぐみのようなものは余り感じませんでした。私はお湯割りで呑みたいと思いましたが、ロックでもゆるゆると飲み続けられそうな焼酎です。ブース自体も薩摩一を前面に押し出しており、若松酒造さんの意気込みが感じられました。

2.山元酒造
さつま五代」の山元酒造さんでは試験的に醸造されているという「農林2号」というサツマイモを使用した本格焼酎をブースの前面に押し出していました。農林2号はかつて鹿児島の芋焼酎造りにはなくてはならないサツマイモでしたが1966年に登場したコガネセンガンに取って代わられてしまい、現在では芋焼酎用としては使用しなくなっています。この伝統あるサツマイモを復活させようというのが山元酒造さんで行われています。山元酒造さんは自社農場を持っており、自社栽培のサツマイモも使用されています。この農林2号も自社農場で栽培されているものを使用しているとのことでした。本格的な市場デビューはまだ先のようですが、試飲した印象では大変に美味しく店で買えるようになったらぜひ試してみたい銘柄になりそうです。

3.小正醸造
さつま小鶴」を醸している小正醸造さんは2007年2月に黄麹で仕込んだ「小鶴黄麹」を発売されたということもあって、ブースは黄麹一色でした。こだわりの商品では黄麹の焼酎も登場していますが、一般家庭で普通に購入出来る所までは行っていないということで、白や黒ばかりではなく黄麹も手軽に変える普通の芋焼酎になって欲しいという願いから今回発売したそうです。試飲してみましたが香りはくどくなく、味わいがすっきりしている芋焼酎でした。黄麹というとロック向きの焼酎が多いのですが、個人的な感想としてはこれは濃いめのお湯割でゆるゆるといけそうな気がします。発売したばかりなので店頭ではまだ見掛けない地域もあると思いますが、普段呑み用として今後が楽しみな焼酎です。

次回は泡盛関係ブースのレポートを致します。

FOODEX JAPAN 2007 レポート3~薩摩酒造・本坊酒造・田苑酒造~

FOODEX JAPAN 2007のレポート3回目は鹿児島の蔵元から3ブースをお伝えします。

1.薩摩酒造
このBLOGをご覧の方ならばおそらく皆様ご存じであろう、さつま白波の蔵元です。前割りして寝かせておいたさつま白波を黒ぢょかで燗つけして供するコーナーやお湯割りの美味しい割り方など、ブースは全体的に鹿児島の焼酎文化を伝えようという内容となっておりました。また、原材料となるサツマイモは薩摩半島南部で採れたものだけを使用しているという点も強調されていました。南薩摩だけとなると安定供給という視点でなかなか大変なのではないかと話したところ、確かに大変ではあるがそこは譲れない一線なのであると強調していたことが印象的でした。数年前から「枕崎」という銘柄を販売しているそうですが、これも南薩摩へのこだわりであるとのことです。確かにウイスキーでは蒸留所の地名を付ける商品は数多く存在していますが、本格焼酎にはいままであまりなかったように思えます。この商品がこうした地名商品の先鞭となっていくとなかなか面白い、と思います。

2.本坊酒造
このBLOGでも既報ですが、平成18年度鹿児島県本格焼酎鑑評会の「甘藷の部」で黒麹桜島が総裁賞代表受賞となった蔵です。本坊酒造さんはマルスワイン・マルスウイスキーも作られているのですが、全体としては本格焼酎に関する内容の多いブース構成となっていました。こちらでも鹿児島の焼酎文化を伝えようという展示となっており、プロモーションDVDの配布もされていました。拝見しましたが、製造工程のみならず芋畑の風景もしっかりと映像にしており、農作物の延長にある本格焼酎ということを強調する内容となっていました。

3.田苑酒造
田苑を醸している蔵元です。平成18年度鹿児島県本格焼酎鑑評会の「甘藷の部」で杜氏代表受賞となりました。基本のコンセプトは常圧で旨い焼酎作りを心掛けているとのことでした。今年は昨年11月に新発売の黒麹で仕込んだ麦焼酎「田苑麦 黒麹」を展開されるそうです。少し頂きましたが香ばしい薫りと麦の甘さが引き立つ美味しい焼酎でした。減圧ではなく常圧だそうで、さらに壱岐焼酎のように米麹仕込みでした。ロックではなくお湯にこだわるというのも頷ける味わいでしたのでお店で見掛けられたらぜひ試してみて欲しいと思います。麦焼酎のイメージが結構変わると思います。

4回目は鹿児島の蔵元の続きをレポート致します。

FOODEX JAPAN 2007 レポート2~霧島酒造・紅乙女酒造・光武酒造場・木内酒造・明治城本舗~

FOODEX JAPAN 2007 レポート2は、まず鹿児島・沖縄以外の蔵元・酒販店を紹介します。

1.霧島酒造
霧島酒造さんは「都城圏域地場産業振興センター」の合同ブースに一コマ出していました。3月に霧島酒造さんのブースで聞くことといえば赤霧島しかないわけですが、サイトに記載されている3月22日という発売日は霧島酒造さんから赤霧島を出荷する日だそうです。つまり問屋さんへ商品が出荷するのが3月22日ということになります。問屋さんと霧島酒造さんの距離やさらには問屋さんと酒販店さんの距離によっても変わりますが、早い地域では3月24日くらいから並び始めるのではないか、ということでした。ですから明日あたりからぼちぼち店頭に並び始めるのではないかと思います。

2.紅乙女酒造
久留米地域地場産業振興センター」の合同ブースに顔を出していたのが胡麻焼酎で有名な紅乙女酒造さんです。今回の展示ではおなじみとなった「胡麻祥酎 紅乙女」のほかに新製品の「筑紫次郎」という麦焼酎を出していました。基本的に紅乙女酒造さんはロックで美味しい焼酎を世に出していきたいと考えているそうです。また、しっかりと貯蔵していない焼酎は絶対に世の中に出さないというのをポリシーとされているとのことでした。

3.光武酒造場
佐賀県合同ブースの一画に座を占めていました。魔界への誘い」を最近よく見掛けるようになった佐賀県の蔵元、光武(みつたけ)酒造場さんは魔界への誘いと舞ここちを中心に商品を並べておられ、やはり最近よく見掛けるようになっただけあってひっきりなしにお客さんが立ち寄られていました。メディアには余り出ていないのですが、私はここの焼酎に注目しています。「魔界への誘い」は見掛けることもあると思いますが普段呑みでゆるゆる行くのにいい芋焼酎だと思います。

4.木内酒造
茨城県にある蔵元です。元々清酒の蔵元で、今回の展示も清酒と地ビールがメインでしたが、米焼酎「木内」を出されていたので少し味見をさせて頂きました。ここの大吟醸も試飲したのですが、大吟醸の酒粕を減圧で醸しているというだけあって本当に本格焼酎かと間違えるような香りでした。味わいは大吟醸と比べると焼酎だけにすっきりしていますので本格焼酎初心者にもってこいだと思います。

5.明治城本舗
ここは純粋には蔵元ではなく、四国の酒販店さんです。ここのPBを発展させた「蔵の神隠し」という麦焼酎を展示していました。土讃線の廃線跡にあるトンネルで3ヶ月寝かせたという常圧麦焼酎なのですが仕込みの時から色々と検討したというだけあって、さほど寝ていないのにかなりまろやかになっていました。四国以外ではなかなか手に入らないかもしれませんが、通販などもあるようなので一度試してみると麦焼酎のイメージがちょっと変わるかもしれません。


次回は鹿児島の蔵元から薩摩・本坊・田苑の3酒造をレポート致します。

FOODEX JAPAN 2007 レポート1~日本酒造組合中央会 本格焼酎&泡盛ブース~

2007年3月13日~16日の日程で国際食品・飲料展――FOODEX JAPAN 2007が幕張メッセにて開催されました。FOODEX JAPANは業界関係者による商談と新商品の紹介を行う専門展示会になります。何回かに渡りましてFOODEX JAPAN 2007の本格焼酎と泡盛に関係する各ブースのレポートをお届け致します。

今回は日本酒造組合中央会が本格焼酎と泡盛の全体像が判るブースを展示していましたので、その様子をご紹介します。

メインの企画は日本全国から様々な蔵元の本格焼酎・泡盛が試飲出来るコーナーでした。中央会以外の酒販店などでこうしたイベントを行うと有名銘柄に偏る傾向がよく見られるのですが、さすがに中央会の展示だけあってまんべんなく様々な銘柄が並べられていました。特に粕取り焼酎でも正調粕取が私の確認した限り、5種類ほど並んでいるのは驚きでした。これだけしっかりとした展示をしているのは私の経験では「本格焼酎・泡盛横浜大選集」くらいでしたので大変に新鮮でした。

アンケートともに米・麦・芋・泡盛・そばの飲み比べクイズが行われておりました。銘柄を伏せて純粋に原材料だけで飲み比べをすると味わいの違いがはっきりと判ります。また、お湯割りの提供方法に関するレクチャーもあり、前割りした焼酎の飲み比べや美味しくお湯割りを呑ませるための技法も紹介されておりました。

「ブームに終わらせたくない、本格焼酎をもっときちんと理解してもらおう」という姿勢がブース全体に見られ、本格焼酎と泡盛の中央団体らしい展示内容に思えます。

2回目は鹿児島県・沖縄県以外の蔵元をご紹介します。