焼酎の賞味期限とよりよい保管方法について

焼酎の賞味期限と保管方法に関する疑問を解決します

食品や飲料には賞味期限や消費期限が記載されています。では、焼酎には賞味期限や消費期限はあるのでしょうか?また、一度開封した焼酎を劣化せずに保管するにはどうしたらよいのでしょうか?そんな焼酎の保存や保管に関する疑問に関してまとめました。

賞味期限とはなんですか?

賞味期限は、製造した食品に関して、製造時点の風味や味わい、香りなどが劣化せずに食することが出来る加工食品の期限のことで、製造者が設定します。賞味期限はあくまで劣化しないという保証を示した期限ですから賞味期限を過ぎたからといってすぐに食べられなくなるものではありません。
また、消費期限とは、製造から5日以内に劣化する加工食品に定められる期限で、製造者が設定します。賞味期限があくまで品質の基準であるのに対して、消費期限は食中毒など生命の危険を生じる可能性があるので、期限を過ぎたら飲食することはできません。

焼酎に賞味期限はありますか?

焼酎には賞味期限はありません。焼酎は多くの場合、20度から45度という高いアルコール含有率となっています。食品を劣化させる細菌は、一部の火落菌を除いて、10度以上のアルコール濃度では生存することが困難から焼酎には賞味期限はないと考えて下さい。ただし、瓶に直射日光のあたる環境や高温になる環境は劣化しやすくなるので避けましょう。また、開封後は香りが弱くなっていくので早めに飲むことをおすすめします。

焼酎ラベルに書かれた日付は賞味期限ではないの?

焼酎のラベルを見ると年月日が書いているケースがあります。こちらは賞味期限を示す日付ではなく、この焼酎をいつ詰めたかを示す「詰口年月日」となります。元号表記で書かれているケースもあれば、西暦の下二桁で書かれている場合もあります。この日付は単純に瓶に詰めた日付なのですが、焼酎では新鮮さが重視されるケースは年に一回の「新酒」のみとなり、新酒以外では詰口年月日が最近の方がよいというわけではありません。そこに書かれた日付は気にせずに購入すれば問題ないのでご安心下さい。

フォローする

本格焼酎の楽しみ関連コンテンツ