これで納得!焼酎の種類がすべて判る!

一言に「焼酎」といっても実は様々な種類の焼酎があります。ここでは、まず焼酎の大カテゴリである連続式と単式の違いについて解説し、そしてさらに小分類となる米焼酎やいも焼酎などの種類について解説しています。

目次

  1. 焼酎の種類はどんなものがありますか?
  2. 一般的な単式蒸留焼酎の種類について

1.焼酎の種類はどんなものがありますか?

焼酎はまず大きく分けて連続式蒸留焼酎(甲類焼酎)と単式蒸留焼酎(乙類焼酎)に種類が分かれています。連続式蒸留焼酎はさらに細かく分けられた種類は存在していませんが、単式蒸留焼酎はそこからさらに芋や麦などといった原材料を元にした種類が存在しています。

POINT解説!連続式蒸留焼酎と単式蒸留焼酎の違いについて

スーパーなどへ行きますと焼酎のコーナーには単に「焼酎」と書かれたものと「芋焼酎」などと原材料と一緒に書かれたものが並列して存在していると思います。すべてではないですが、概ね、原材料が書かれていない焼酎は連続式蒸留焼酎(甲類焼酎)で、原材料が書かれているのは単式蒸留焼酎(乙類焼酎と種類分け出来ます。

連続式蒸留焼酎(甲類焼酎)は、複数回蒸留することで雑味をなくしてピュアなアルコールを取り出すタイプの焼酎です。原材料としてはサトウキビのしぼり汁などが利用されますが、複数回蒸留しているため、原材料の特性はほとんど感じることができません。一方で、レモン果汁と割ったり、梅干しを入れて味付けをしたり飲む人が好きな味わいに調整してアルコールを楽しめるのが連続式蒸留焼酎の最大の特徴です。居酒屋などに行きますと「レモンチューハイ」「グレープフルーツ酎ハイ」などのようなメニューを見かけるかと思いますが、これらはほぼすべて連続式蒸留焼酎をベースにしたアルコールとなります。連続式蒸留焼酎はさらに細かい分類はなく、ホワイトリカーというのは法的に認められた別名称となります。

一方で蒸留は一回だけにとどめ、香味成分や味わいなど含んだアルコールを取り出すタイプの焼酎が単式蒸留焼酎(乙類焼酎)です。香味成分をたっぷりと含んでいるため、原材料の特性を感じることができる半面、個性の強いレモン果汁などで味を調整すると個性がぶつかってしまって、味わいがあまり良くなくなってしまうタイプの焼酎です。単式蒸留焼酎は原材料の個性が強く出るため、原材料を前面に打ち出した「芋焼酎」などと分類がさらに追加されます。ここでいう原材料とは、一次仕込みで使う麹の種類ではなく、二次仕込みの際に使用した材料をさします。一次仕込みで米麹を使っても麦麹を使ってもいも麹を使っても二次仕込みでサツマイモを掛ければいも焼酎、米を掛ければ米焼酎、麦を掛ければ麦焼酎となります。なお、単式蒸留焼酎のうち、一定基準を満たした焼酎については「本格焼酎」と称することが許されています。

2.一般的な単式蒸留焼酎の種類について

ここからは単式蒸留焼酎の細かい種類についてまとめていきます。一口に焼酎とくくってしまうことが多いわけですが、実際に使用されている原材料として、ぱっと思いつくものはどんなものがありますでしょうか。現在生産されている単式蒸留焼酎の種類は主要なものとして以下のものがあげられます。

この項では原料別に焼酎の種類と特徴を紹介します。

フォローする

本格焼酎の楽しみ関連コンテンツ