本格焼酎の楽しみ本格焼酎用語集サ行 > 白麹(しろこうじ)

白麹(しろこうじ)

1923年、鹿児島税務監督局の鑑定官であった河内源一郎氏によって発見され、京都大学教授の北原覚雄氏によって新種と証明された麹菌。学名はアルペルギルス・カワチ・キタハラ。黒麹の突然変異と考えられている。黒麹と比べて扱いやすく、また、この麹によって醸し出される味わいも日本人の好みに合っていたため、急速に普及した。現在、最も主流となっている麹である。
関連語⇒麹(こうじ)黒麹(くろこうじ)黄麹(きこうじ)製麹(せいきく)


本格焼酎用語集サ行一覧へ戻る | 本格焼酎用語集へ戻る


copyright (c) 2003-2017. all rights reserved.
本コンテンツの著作権は全て作成者に帰属しています。
本コンテンツの無断転載・無断使用を禁止致します。
このサイトは個人で作成しているものです。酒類の販売などに関するお問い合わせには答えられません。
mail to "webmaster@shochu.jp"
since 2003.07.01