本格焼酎の楽しみ本格焼酎用語集タ行 > どんぶり仕込み(どんぶりじこみ)

どんぶり仕込み(どんぶりじこみ)

本格焼酎は、通常、まず麹を発酵させ(一次仕込み)、そのあとで芋や黒糖などの主原料を投入、再度発酵させて仕込む(二次仕込み)が、麹と原料を同時に投入して発酵させ、蒸留させるケースもある。これをどんぶり仕込みという。全麹仕込みが麹のみで発酵させているのに対して、どんぶり仕込みは麹のほかに主原料も投入している。そのため、原料表示は「米、米麹」「麦、麦麹」などのように麹と主原料が両方とも表示される。読み方は「どんぶりじこみ」と「し」は濁るのが一般的だが、「どんぶりしこみ」と濁らないケースもある。
関連語⇒麹(こうじ)製麹(せいきく)全麹(ぜんこうじ)


本格焼酎用語集タ行一覧へ戻る | 本格焼酎用語集へ戻る


copyright (c) 2003-2017. all rights reserved.
本コンテンツの著作権は全て作成者に帰属しています。
本コンテンツの無断転載・無断使用を禁止致します。
このサイトは個人で作成しているものです。酒類の販売などに関するお問い合わせには答えられません。
mail to "webmaster@shochu.jp"
since 2003.07.01