どんぶり仕込み(どんぶりじこみ)

本格焼酎は、通常、まず麹を発酵させ(一次仕込み)、そのあとで芋や黒糖などの主原料を投入、再度発酵させて仕込む(二次仕込み)が、麹と原料を同時に投入して発酵させ、蒸留させるケースもある。これをどんぶり仕込みという。全麹仕込みが麹のみで発酵させているのに対して、どんぶり仕込みは麹のほかに主原料も投入している。そのため、原料表示は「米、米麹」「麦、麦麹」などのように麹と主原料が両方とも表示される。読み方は「どんぶりじこみ」と「し」は濁るのが一般的だが、「どんぶりしこみ」と濁らないケースもある。
関連語⇒麹(こうじ)製麹(せいきく)全麹(ぜんこうじ)

フォローする

本格焼酎の楽しみ関連コンテンツ