地域にあった焼酎作りを

リンク: 中日新聞:2年目販売へ瓶詰め 能登町「黄金千貫」で芋焼酎:石川(CHUNICHI Web).

近年、全国各地で芋焼酎を作る動きが加速しています。しかし、上手くいっているところと上手くいかないところの差が出てきており、その多くが地元に根ざしているかどうか、という点の違いのようです。
今回の記事に出ている仕込みは、奥能登の知名度向上ということで芋焼酎を仕込んでいるようですが、コガネセンガンがもともと地元で栽培されていたのであればともかく、そうではないようですと特産品として根を張るのはなかなか厳しいような気がします。芋ではなくても地元名産の農産品というのはたくさんあるはずですので、是非ともそうした物産を生かした焼酎作りをして頂ければ、本格焼酎の文化が各地域に根ざしていくのではないかと思います。

フォローする


本格焼酎の楽しみ関連コンテンツ