神奈川県開成町特産の弥一芋で焼酎を生産へ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

リンク: 「弥一芋」復活へ、開成町ゆかりのサトイモを特産に/神奈川 :ローカルニュース : ニュース : カナロコ — 神奈川新聞社.

かつて神奈川県足柄上郡酒田村(現在の同郡開成町)で作られていた弥一芋(やいちいも)を復活させよう、という動きがあるそうです。弥一芋はサトイモの一種で第二次世界大戦前には広く酒田村を中心に栽培されていたそうですが、戦後になると見栄えが良く収穫量も安定している他の品種に取って代わられてしまいました。それを復活させて開成町の名物にしようという動きが実を結びつつあるそうです。本来は子芋のみを収穫して、種芋にあたる親芋は廃棄になります。しかし、その親芋も有効活用すべく、本格焼酎にしようということだそうで、既に仕込みは進んでおり、熟成を経て来年の夏頃には開成町へやってくる見込みになっています。基本的に開成町の中で販売されるようですので、機会がありましたらぜひ弥一芋の焼酎を味わいに開成町を訪れてみて下さい。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

本格焼酎の楽しみ関連コンテンツ