森伊蔵の精巧な偽物が出回る

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ブーム悪ノリ「幻の焼酎」で一儲け 「森伊蔵」の偽物
状況は新聞記事を見て頂くとして、こうした状況が発生するのはブームが円熟期に入っている証拠といえますね。ピークを超え、そろそろ下降線にはいるところだと思います。
今回、小さな焼酎蔵は地酒ブームの際の惨状を見ていたためか、あまり大がかりな設備投資をせず、身の丈にあった出荷を続けていましたので、倒産と言うことはないでしょう。しかし、急降下ではなく、うまくブームが文化に変化する方策がないものかと愛飲家としては考えています。もちろん、単なる愛飲家なので何もできませんし、「うまくいきますように」と祈るしかないのですが……。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

本格焼酎の楽しみ関連コンテンツ