第6回本格焼酎・泡盛横浜大選集レポート6~宮崎その2~

このエントリーをはてなブックマークに追加

宮崎から参加した蔵のご紹介ですが。後半は3蔵ご紹介致します。

1.松露酒造
松露酒造
「松露」「心水」(もとみ)を醸造している松露酒造さんは代表銘柄を携えての横浜入りです。いつも呑んでいる方から「心水」という銘柄の読み方を聞く初心者の方まで大変なにぎわいでした。

2.柳田酒造
柳田酒造
柳田酒造さんは代表銘柄の「赤鹿毛」の他に今年試験販売された「青鹿毛」も持参されておりました。赤鹿毛という名前を見て立ち寄られる方も多く、普段は麦を呑まないという方々が試しに呑んで会話をされるというやりとりもあったくらいです。

3.京屋酒造
京屋酒造
京屋酒造さんといえばやはり印象的な容器でおなじみの「甕雫」が代表銘柄だと思います。様々な特徴を持つ本格焼酎を醸されている京屋酒造さんですがやはり甕雫に注目が集まっており、次々とコップが差し出され皆さんが美味しそうに呑んでいる様子が印象に残っています。


宮崎のご紹介の後は西へ移動しまして、熊本県・球磨焼酎の蔵々をご紹介します。

PageTop