いも焼酎/いも麹 芋(国分酒造協業組合)

いも麹 芋

いも焼酎は、米麹を発酵させ、その中にふかしたサツマイモを入れて仕込みを行うのが原則です。いもで麹を作るのは困難であるとされていたのですが、このところの技術革新がそれを可能にしました。
そうした技術革新の先鞭を付けたのが国分酒造さんの「いも麹芋」です。いも麹仕込みのいも焼酎を全国に流通させたのは、私が知る限り、国分酒造さんが初めてです。

いもだけでつくった焼酎はいもくさいように思いがちですが、実はすっきりしていて、甘みの感じられる上品な味わいになります。

この焼酎はロックがお薦めです。もちろんお湯割りでもいけますが、この味わいにはロックが一番です。

余談ですが、一時期、いも麹芋→さつま国分→黒石岳という順番で呑むのが当たり前になっていたことがありました。国分酒造さんの焼酎は私の好みにぴったり来るようです(^^)

人気焼酎となったため、不当な価格で販売しているケースもありますが、上でリンクをしているようなきちんとした正規販売店ならばきちんとした価格で買えますので、私としてはこうしたお店での購入を強くお薦め致します。

西葛西/酒のこばやし

酒のこばやし

本格焼酎を扱う酒販店さんも紹介したいと思っています。

まず第一回目は西葛西にある酒のこばやしさん(以下、こばやしさん)です。

現在の本格焼酎ブーム以前より本格焼酎を飲料店や消費者へ推薦されていた酒販店で、愛情を持って本格焼酎に接しています。ブームや流行に左右されることなく、自分が良いと思ったものを推薦する姿勢には感服します。

そうした姿勢は蔵元にも伝わっており、東京へ来るとこばやしさんの店を訪れる方も多く存在しています。だからと言って天狗になることなく、「ともに歩みともに進もう」という一線はかたくなに守られています。

リスクを取ることなく本格焼酎に関してうんちくをたれる口だけの人(これについては私も同じです)が多い中、自分がよいと思ったものをリスクを取っても強力に推薦するその姿勢には「サムライ」としての姿勢を感じ、敬服しています。

もし、本格焼酎についてもって理解を深めたいのであれば、有名銘柄を「発掘」してくる酒販店ではなく、本当によいものを薦めようとしているこばやしさんをお薦めします。ぜひとも一度店を訪れてみてください。こばやしさんの本格焼酎に対する真摯な姿勢と深い愛情に感嘆されることは間違いないでしょう。

本格焼酎の楽しみ:酒のこばやし:紹介ページはこちら

酒のこばやし
所在地 江戸川区西葛西1-8-10
電話番号 03-3686-1929

いも焼酎/黒石岳(国分酒造協業組合)

黒石岳

一回目に紹介したさつま国分を醸す蔵の黒麹本格いも焼酎。手作業で濾過を行う焼酎で、深みとこくのある味わいが特徴。ゆるゆると飲み続けることができる。
ロックでも良いが、4:6のお湯割りを推奨する。こくと深みがあるので焼酎が少なくても十分な風合いが残る。是非試してみてほしい。

本格焼酎を選ぶ

いいちこ(三和酒類)や二階堂(二階堂酒造)といった超著名ブランド以外の本格焼酎がスーパーに並ぶようになって久しい。最寄り駅にあるスーパーや我が家最寄りのスーパーにも

★いも焼酎
 朝掘りさつま小鶴(小正酒造)
 貴匠蔵(本坊酒造)
 さつま白波(薩摩酒造)
 海童(濱田酒造)
 薩摩古秘(雲海酒造)
 黒霧島(霧島酒造)
 薩摩宝山(西酒造)
 白金乃露(白金酒造)
★米焼酎
 白岳しろ(高橋酒造)
 巌窟王(宝酒造)
★麦焼酎
 神の河(薩摩酒造)
 博多の華(福徳長酒類)
 隠し蔵(濱田酒造)
★胡麻焼酎
 紅乙女(紅乙女酒造)
★黒糖焼酎
 喜界島(喜界島酒造)
 れんと(奄美大島開運酒造)
★泡盛
 主(ヘリオス酒造)
 瑞泉(瑞泉酒造)

などが定価でならんでいる。
こうしたスーパーにならぶ本格焼酎の品質について訝しげに思う向きもあるかもしれない。
清酒のイメージがそれだけ根強いと言うところだと思うが、清酒と本格焼酎が大きく違うのは本格焼酎と名乗るためには厳しい基準を守らなければならないという点だ。
清酒のように糖類を添加したり、醸造アルコールを添加したり、アミノ酸を添加したり、ということは「本格焼酎」を名乗るためには認められない。
味わいは蔵によって全く異なるが、品質については清酒のようにバラバラというわけではない。よって「米だけの酒」が純米酒ではないという訳のわからない状況は本格焼酎には発生しないのだ。
本格焼酎を呑んでみたいというのであれば、スーパーで売られている銘柄でも安心して購入して呑んでみてほしい。

酒造りも文化財指定へ

酒造りや棚田も文化財指定、文化庁が改正法案提出へ

これは非常に画期的な。旧来より続く伝統的な酒造りの手法は企業の自助努力によってのみ存立しているが、きちんとした保護の体型が整うことになる。
本格焼酎は地酒ブームの顛末を見ているためか大手ほど機械化されない手作りを残そうという動きを見せている。そうした動きも今後はしっかりと保護されていくことになるのだろう。

いも焼酎/伝(焼酎蔵薩州濱田屋伝兵衛)

海童というレギュラー酒を造る蔵の焼酎。海童は本社の大きな近代的な工場で作られているが、こちらは黄麹、手作業製麹、甕仕込み、木桶蒸留機使用、甕貯蔵というこだわりの焼酎。
黄麹は清酒用の麹だが、泡盛で使用されていた黒麹が焼酎へ導入されるまでは焼酎にも用いられていた。
黄麹はクエン酸を出さないため、もろみが腐敗しやすく、温暖な薩摩では管理が難しい。醸造技術が進歩した現代になってようやく鹿児島でも黄麹が安定して使えるようになり、最近は黄麹を使用した焼酎が増えている。
白麹や黒麹に比べて、黄麹は優しいタイプの焼酎になるのが特徴。
ロックでもお湯割りでも好きな呑み方で。いも焼酎/伝(焼酎蔵薩州濱田屋伝兵衛)

いも焼酎/千鶴(神酒造)

千鶴

この焼酎は神酒造が出しているレギュラー酒。
神酒造はタカラと提携して黒甕という焼酎も出している。
お湯で割ると味わいがしっかり感じられて好きなタイプである。
黒甕は千鶴を黒麹で仕込むとこうなるのではないかという味わいでやはり美味しい。
関東なら和民で黒甕が呑めるのでぜひともお湯割りで試してほしい。
いも焼酎/千鶴(神酒造)

粕取り焼酎を知っていますか?

九州焼酎探検隊

入手しづらい情報をおそらく一番多く紹介している本格焼酎に関するサイトです。
特に現在絶滅の危機に瀕している粕取り焼酎に関してはこのサイト以外に情報をまとめているサイトがありませんので、焼酎の文化を考える意味でも一度是非目を通して頂ければ、と思います。

2004/05/12追記
九州焼酎探検隊さんが休止されてしまったため、粕取り焼酎の情報はどこで!と思っていたのですが、「南ん風」さんが後を引き継いで情報の提供を始めてくださいました!こちらも是非あわせてご覧くださいm(__)m

新宮の酒造会社 新酒の初搾り

紀伊民報AGARAフラッシュニュース

最近、日本酒がニュースにならなくなって久しい。
そういうところからも日本酒の衰退が伺われる。
そんな中での新春向け清酒のニュース。
地方紙だからというのもあるかもしれないが、
日本酒も立派な日本の国酒である。是非ともがんばってほしい。

この蔵では清酒を18万リットルを醸造するとのこと。
18万リットルといわれてもいまいちぴんと来ない。
「昨日は1.8リットル呑んだよ」といわれてもすごさがいまいちわからないが、
「昨日は1升呑んだよ」といわれるとかなり驚く。
こと、酒に関しては旧来の表現の方が良くないだろうか。

ちなみに
一石=十斗=百升=千合=180リットル
という単位変換になる。18万リットルというのは千石となる。
一升瓶で10万本だ。日本一の出荷量(40万石)を誇るいいちこからみれば
少ないが清酒業界ではそこそこ大きい蔵元ということがわかる。

いも焼酎/さつま国分(国分酒造)

自分の好きな本格焼酎なども紹介していければいいなぁ、と思っている。

さつま国分

私が好んで呑むレギュラー酒。鹿児島県国分市にある国分酒造協業組合で作られている。
レギュラー酒というのは癖の強いものが多いのだが、さつま国分はゆるやかな酒で、のんびり晩酌を楽しむには大変良い焼酎だと思う。
この焼酎はお湯割りでどうぞ。

焼酎ニュース通信を開設しました

こちらのBLOGでは本格焼酎を中心としたさまざまなニュースをお伝えしていきます。

  • entry1ツイート
  • Google+