いも焼酎/いも麹 芋(国分酒造協業組合)

このエントリーをはてなブックマークに追加

いも麹 芋

いも焼酎は、米麹を発酵させ、その中にふかしたサツマイモを入れて仕込みを行うのが原則です。いもで麹を作るのは困難であるとされていたのですが、このところの技術革新がそれを可能にしました。
そうした技術革新の先鞭を付けたのが国分酒造さんの「いも麹芋」です。いも麹仕込みのいも焼酎を全国に流通させたのは、私が知る限り、国分酒造さんが初めてです。

いもだけでつくった焼酎はいもくさいように思いがちですが、実はすっきりしていて、甘みの感じられる上品な味わいになります。

この焼酎はロックがお薦めです。もちろんお湯割りでもいけますが、この味わいにはロックが一番です。

余談ですが、一時期、いも麹芋→さつま国分→黒石岳という順番で呑むのが当たり前になっていたことがありました。国分酒造さんの焼酎は私の好みにぴったり来るようです(^^)

人気焼酎となったため、不当な価格で販売しているケースもありますが、上でリンクをしているようなきちんとした正規販売店ならばきちんとした価格で買えますので、私としてはこうしたお店での購入を強くお薦め致します。

PageTop