熊本県立南稜高校食品科学科初蔵出し

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

リンク: 高校生が仕込んだ焼酎の蔵開き 熊本 | NNNニュース.
リンク: 2年寝かせた焼酎でカンパーイ / 西日本新聞.

熊本県球磨郡あさぎり町にある熊本県立南稜高校食品科学科で初蔵出しという話題です。この高校は2005年に単式蒸留しようちゆう(当時はしようちゆう乙類)試験醸造の免許を取っており、毎年三年生が校内にある醸造試験室で米焼酎の醸造を正規の授業として行っています。しかもこの仕込みに使われる「ヒノヒカリ」もこの高校の中にある水田で育てられたもので、完全自家製という稀有な焼酎です。当然高校生はアルコール摂取が禁止されていますので、在学中は香りなどの試験にとどめています。球磨焼酎は寝かせたほうがおいしくなるという特性がありますので、2年間じっくり寝かせて成人式のときに改めて試飲することが決まっていて、この日の蔵出しとなりました。
こうした形で球磨焼酎という地元の文化を学べるというのは大変に貴重ですばらしいことだと思います。末永くこの授業が続いてくれることを望みます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

本格焼酎の楽しみ関連コンテンツ