実は20度の焼酎も宮崎・大分では一般的

このエントリーをはてなブックマークに追加

リンク: 20度焼酎 ソフトに浸透 大分、宮崎で定着 割安、人気上昇中 / 西日本新聞.

宮崎県や大分県ではおなじみの20度焼酎に関する話題です。大都市圏では25度の焼酎ばかりでそれが本場でも当たり前なのだろうと思われている方も多いと思います。実際、九州西部の鹿児島県や熊本県では25度の焼酎が一般的で、20度の焼酎はほとんど見かけません。しかし、九州東部の大分県や宮崎県は20度の焼酎が一般的で、主力商品を大都市向けにしている蔵元でも地元向けのみで20度のレギュラー焼酎を作り続けているケースは普通にあります。
東京などでは普通に並んでいる黒霧島も25度20度というラインナップがなされています。

20度の焼酎は25度の焼酎に比べてアルコール分が少ないので味や香りに一工夫が見られ、むしろこちらを好む焼酎愛好家もいるくらいです。ぜひ一度、皆様も20度の焼酎をお試しください。

PageTop