鹿児島県の酒造組合が統合へ

リンク: 鹿県内の酒造組合が10月一本化
鹿児島県内の酒造組合は各地域毎に分割されています。そのため、鹿児島県全体の酒造組合はなく、鹿児島県酒造組合連合会という酒造組合の連合体が存在しています。それらの個別酒造組合を統合して連合会を解体した上で、改めて「鹿児島県酒造組合」とするというニュースです。「薩摩」がTRIPS協定の産地保護対象となったことが今回の統合につながったのでしょう。いままでも連合会としてのイベントをすることが多かったのですが、これからは、より細やかな対応が鹿児島県全体で取れるようになると期待しています。

フォローする


本格焼酎の楽しみ関連コンテンツ