薩摩と白山に地理的表示

リンク: 「薩摩焼酎」を原産地指定 国税庁告示.
リンク: 清酒「白山」ブランド化。産地指定、国税庁が告示。「他産地品は名乗れません」 .

昨日付の官報で「地理的表示に関する表示基準第二項に規定する国税庁長官が指定するぶどう酒又は蒸留酒の産地を定める件の一部を改正する件」(国税庁告示第三十一号)が告示されました。これにともない同告示の名称が「地理的表示に関する表示基準第二項に規定する国税庁長官が指定するぶどう酒、蒸留酒又は清酒の産地を定める件の一部を改正する件」と改正され、薩摩と白山に地理的表示が認められることとなりました。薩摩は焼酎、白山は清酒に関して適用されることになります

薩摩焼酎と名乗るためには以下のような基準があります。
1.名瀬市・大島郡を除く鹿児島県内で生産されたサツマイモだけを原料にしている。
2.名瀬市・大島郡を除く鹿児島県内で製造から容器詰めまで行っている。
これらの基準によって今後「薩摩焼酎」と名乗ることが出来るのはいも焼酎に限定されます。「薩摩米焼酎」や「薩摩麦焼酎」は名乗ることが出来ません。今後鹿児島県酒造組合連合会では「薩摩いも焼酎」という統一ブランド名を浸透させていくようです。

一方、同時に認定された白山ですが、これは以下のような条件があります。
1.白山市内の地下水を使用する
2.白山市内で醸造から瓶詰めまで行っている。
3.酒造好適米を70%以上精米して使用する、ただし原料米の産地は問わない

今回「白山」を申請していた松任税務署管内の酒蔵で構成する石川酒造組合は、既に前述した条件の下でつくられた清酒に「加賀菊酒」というブランドをつけて展開をしていました。今回、白山が地理的表示として認められたことで「白山菊酒」「加賀白山菊酒」といった統一ブランドを作り、展開していくようです。
ちなみに「加賀菊酒」というのは江戸時代に「幻の銘酒」などと謳われていたものです。加賀の何処でつくられたものか、正確な産地は明らかになってはいませんが、1823(文政6)年に冨田景周という人が書いた「加賀菊酒考」によると金沢説と鶴来説が有力であるとしています。1546年に尾山御坊が金沢に建てられるまでは鶴来の方が大きな街でした。金沢が本願寺から加賀藩に掛けて執政の中心になると金沢の方が大きくなっていきます。こうした経緯から石川酒造組合では菊酒の源を鶴来、つまり現在の白山市と考えており、今回の申請によって、このブランド名をきちんと後世へ継承していこうという考えのようです。
なお、WTOのトリプス協定では蒸留酒とワインのみが地理的表示の保護対象となっているため、現時点では「白山」の地理的表示は日本国内のみの保護にとどまります。今後、国税庁ではトリプス協定で清酒の産地名も保護されるように働きかけを強めていくそうです。

地理的表示がしっかりすれば我々飲兵衛にとっては判断基準が増えるので誠に素晴らしいことだと思います。色々なところでしっかりとした基準を作り、美味しい清酒・焼酎を呑ませて欲しいものですね。

サツマイモのあれこれ

本格焼酎に対する皆さんの関心は一時期より落ち着いたとはいえまだまだ高く、さらにそれほど詳しい人がいないようで知人から「一緒に呑みに行って焼酎のこと教えてよ」といわれることがあります。そんなやりとりをしている時によく聞かれるのが「なんかサツマイモも色々あるみたいだけど何が違うの」という疑問です。

それぞれの芋によって柑橘のような香りがするとか酸度が強いとか呑みやすいさらりとしたものになるとか色々な特徴があります。しかし、原料芋の違いは同一の蔵で比べないとはっきりとはしません。これはそれぞれの蔵で酵母や製法、貯蔵などに対する考え方が違うためで、同じコガネセンガンという芋を使っているのにあれだけ違う焼酎が市場に出回っていることからもお判りだと思います。

さらに同じ蔵でも芋によって貯蔵期間や製法を変えていることが多いので純粋な飲み比べはなかなか厳しいのが現状です。薩摩酒造が開設する手作り観光蔵である薩摩明治蔵が出している焼酎飲みくらべセットのように同一の蔵の同一製法で芋だけを変えた焼酎を出してくれれば、それも出来ればワンカップサイズで出して貰えると気軽に飲み比べが出来て飲兵衛としては大変にありがたいのですが(笑)

ブログのもと

リンク: Modern Syntax : ブログのもと~継続は成功への第一歩.

モダシンさんこと永沢和義氏が上梓したblogに関する書籍です。blogに関する書籍というのは数々出ているわけですが、だいたい以下のようなタイプに大別されます。


  • blogについて書籍のスタイルで書いている
  • blogをそのまま書籍化する
  • blogに多くの人に来てもらうテクニック
モダシンさんが今回書いた「ブログのもと」は書籍のスタイルでblogをやっているという非常にレアなタイプです。いままでありそうでなかったスタイルの書籍なわけですが、長年blogを続けていて、「BlogPeople」というサービスを提供している人でなければここまで面白く書けないでしょう。blogをやっている人は読んでおくべき書籍であると断言できます。

ちなみにこの書籍には私の名前もちらりと出てきます。意外なところに突然ぽんっと出てきますので是非とも購入して捜して出してみて下さい(笑)

以下は余談です。
この本を買おうと職場近くの本屋へ行ったところ、blogのコーナーにおいてありました。「ブログのもと」ですからblogコーナーにあるのは当然ですが、ほかの本は沢山置いてあるのに一冊しかなかったので最初は見つかりませんでした。さらに発売されて間もないのに既に多くの人に立ち読みされた跡があり、薄汚れてしまっていました。結局この書店では買えなかったのでほかをあたることにしました。
ここをご覧の書店の皆様、一冊だけ仕入れるのは止めてどんと平積みにしましょう。販売機会を逸失している可能性が高いと思います。
さらに読者の皆様、この本は購入して手元に置くべき本です。読み返せば読み返すほど味わい深くなるするめのような本です。立ち読みではこの本の良さは判りませんよ!

ということで今すぐ買いたい方はamazonで購入することが出来ます。それほど興味のない方も年末年始の暇つぶしにぜひどうぞ。