古酒(こしゅ、くーすー)

製造したての酒類に対して、製造してからある程度たった酒類のことを指す。日本酒では酒造年度をまたいだものを古酒と呼ぶケースが多い。単式蒸留焼酎の場合、長期貯蔵酒を古酒と呼ぶケースが多い。また、琉球泡盛では3年以上寝かせた泡盛を50%以上使用している場合、「古酒」と記載することができるが、こちらは「くーすー」と呼称する。
関連語⇒長期貯蔵(ちょうきちょぞう)新酒(しんしゅ)ヌーボー(ぬーぼー)

フォローする

本格焼酎の楽しみ関連コンテンツ