本格焼酎の楽しみ本格焼酎用語集カ行 > クラッシュロック(くらっしゅろっく)

クラッシュロック(くらっしゅろっく)

粉々にした氷(クラッシュアイス)をグラス一杯に入れ、そこへ焼酎を注ぎ込む飲み方のこと。もともとはスコッチウイスキーの本場であるスコットランドのパブで提供されていたミストという飲み方である。2007年頃に球磨焼酎の蔵元である寿福酒造が、昔ながらの手法である直接燗つけ(直燗)した25度の球磨焼酎を本格焼酎ブーム以後に普及したロックで飲むという伝統と革新を併せ持った手法として、全国各地で開かれている焼酎の会で紹介したことから市民権を得た。その後、燗つけしたものだけでなく、常温の焼酎や冷凍庫で冷やした焼酎を割るスタイルも取り入れられ、近年急速に普及し始めている。
関連語⇒オン・ザ・ロック(おん・ざ・ろっく)直燗ロック(じきかんろっく)ミスト(みすと)フロート(ふろーと)トワイスアップ(とわいすあっぷ)


本格焼酎用語集カ行一覧へ戻る | 本格焼酎用語集へ戻る


copyright (c) 2003-2017. all rights reserved.
本コンテンツの著作権は全て作成者に帰属しています。
本コンテンツの無断転載・無断使用を禁止致します。
このサイトは個人で作成しているものです。酒類の販売などに関するお問い合わせには答えられません。
mail to "webmaster@shochu.jp"
since 2003.07.01