放射性物質に対する万全の対策が採られる

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

リンク: asahi.com(朝日新聞社):1000製造場で放射能調査へ=秋以降醸造の酒類―国税庁 – 社会.
すでに原材料については全て放射性物質が付着していないことを確認する手続きがとられています。また、被災地以外でも自主的に検査を行っています。その時点で基本的に安全であると考えてよいわけですが、消費者の不安を取り去るため、さらに仕込みの水や出荷する製品そのものもチェックしようというのが今回の調査指針になります。
ここで検査をして、少しでも危険なものは完全に除去して市場へ流通させることになりますので、市場に出回っているものは検査済みのものとなりますから気にせずどんどん飲んで少しでも復興の支援になれば、と思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

本格焼酎の楽しみ関連コンテンツ