料飲店の自家製果実酒・梅酒・前割り焼酎の帳簿義務化には反対

先日、天神FMで蔵元の肉声が聞けるコミュニティFMをやっているという話をこちらで書きましたが、本日(2008/02/18)に国分酒造協業組合の笹山護氏が出演した回が公開されました。これもまた以前こちらで書いたのですが、料飲店の自家製梅酒・自家製前割り焼酎に関する話題を笹山氏が話されています。

このPodCastを聞きまして、たまたまある方からいただいた情報を思い出しました。その方によれば、今回の法律改正で料飲店の自家製前割り焼酎と自家製梅酒の提供が合法化されるものの申告や記帳などが義務づけられるという方針が国税当局から打ち出されたようです。

この情報提供が正しいとするならば、せっかく合法化されたとしても前割り焼酎や梅酒を造り、販売するたびにどの程度売れて何杯提供したのかを毎日リアルタイムで記帳しなければならないという事態が発生します。それほど問題がないように見えるかもしれませんが、POSレジを導入している大手居酒屋ならばまだしも横丁の赤提灯では提供するたびに帳簿を出してきて、記載をしなければならず、宴会などが入ってしまった場合にはとても手に負えなくなるのが目に見えています。現実問題として、それらの帳簿を税務署が逐一チェックするのかといわれればおそらく答えはNoでしょう。

では、なぜこんなことをさせようとしているのか。明確の意図が国税当局から発表されているわけではないですが、個人的に自家製梅酒や前割り焼酎に課税をするための前段階なのではないかと穿った見方をしています。帳簿さえ付けさせておけば、突然課税の方針を出しても料飲店がすぐに対応できるだろうという腹ですね。もちろん私の勝手な推測ではありますが、帳簿の義務化にはこんなところがあるのではないかと思っています。

そもそも梅酒にせよ、前割り焼酎にせよ、ベースとなる本格焼酎・甲類焼酎などは既に酒税を支払っているわけです。いったん税務署の手を離れている納税済みの酒類に対して、「みなし製造」という規制があること自体、既におかしな話な訳です。本来、こうしたことは断じて認めてはならないと思います。そもそも自家製前割り焼酎と果実酒の提供だけではまだ本来は足りないのです。日本酒ベースの果実酒はなぜ認められないのか、官僚に聞いたところで明確な回答は出てこないでしょう。出てきたとしても蒸留酒と醸造酒の違いがあるという程度の位置づけしかないはずです。

酒は文化である、という言葉はよく使われます。スコットランドにスコッチがあり、アイルランドにアイリッシュウイスキーがあり、フランスにワインとブランデーがあり、ドイツにドイツビールがあり、ベルギーにベルギービールがあり、中国に紹興酒や白酒があり、ロシアにウオッカがあり、メキシコにテキーラがあり、オランダにジンがあり、カリブ海にラムがあるように日本には日本酒と本格焼酎があるのです。食はその国の文化生活をはかる一つの目安ですが、酒も同様です。諸外国では食や酒をどのように考えているか、というのはその人の人格をみるという意味で重要視されています。しかし、こうした小手先の改定しか発想できない、日本という国の行政の如何に不毛なことか。ペーパーテストしかできない役人には「食文化」「酒文化」という発想は「試験に出ないから勉強しませんでした」という程度のものなのでしょう。

先々には日本酒で作る果実酒やバーベキューに持っていった自家製前割り焼酎を振る舞うことも合法化しなければならないわけですが、その前段階として、まずは自家製果実酒・前割り焼酎の帳簿義務化に反対する必要があると思います。これがこのまま通りますと我々が作る果実酒もそのうち帳簿の義務づけが強行されかねません。もし、ご賛同頂けるようでしたら財務行政へのご意見・ご要望の受付から「税制」を選んで頂き、「自家製果実酒・自家製前割り焼酎を料飲店が提供するに当たって、帳簿の義務づけをするべきではない」という意見を国税当局に対して、寄せて下さい。何卒御協力のほど、よろしくお願いいたします。

2008/05/14追記
最終的に帳簿は義務づけられた状態のまま、特例法が「参議院みなし否決制度」を利用した衆議院で再可決されて成立しました。ただ、今後のことも考えて、ぜひともこれをご覧になった方は国税当局へ意見を寄せて頂けると嬉しく思います。何卒よろしくお願い致します。

「ガイアの夜明けで放送された事は、まったくのでっち上げ、完全にはめられた」

※以下の記事は古い内容になっています。インターセラーズはスタッフサービスからOGIホールディングスという何をやっているのかいまいち良く判らない企業へ売却され、さらにOGIホールディングスの関連会社一覧を見てもどこにも存在が確認できなくなっています。また、インターセラーズから支援を受けていたはずの蔵元のサイトを確認してもその記述が一切消えており、会社は清算されたかどこかに合併されたか、いずれにしてもいまは存在しなくなったようです。正直なところ「また、ガイアの夜明けか」という気がしないでもありません。

リンク: 濱田屋 日記:蔵元が大変な事に.
リンク: 地酒.たかま酒店.blog: 太陽酒造を応援下さい.

神戸の酒屋さん、そして茨木の酒屋さんが書かれた太陽酒造という灘の蔵元に関する衝撃の事実です。本件についての太陽酒造さんの公式見解はこちらに出ています。

どういう事が起こったのか、このサイトだけではなく、事情をご存じのBLOGやほかの酒屋さんのサイト、報道など様々な情報をまとめると以下のような感じです。

  1. スタッフサービスの子会社であるインターセラーズが経営難にある太陽酒造に債務の肩代わりと販路拡大のための提携を持ちかける
  2. 経営状況が厳しいため、インターセラーズの誘いに乗って提携を行う
  3. 肩代わりの債務に「顧問料」を乗せた金額をインターセラーズが太陽酒造へ貸し付けた契約形態を取るも「ちゃんと売るから大丈夫」と説明
  4. 太陽酒造は本来50石の蔵なのに150石の生産を要求、さらに全量自分たちで捌くと要求
  5. 従来からの顧客がいるということでインターセラーズが100石、太陽酒造が50石の販売をすることになる
  6. 太陽酒造側は50石を完売するもインターセラーズは20石しか販売できなかった
  7. インターセラーズは「売れなかったのは太陽酒造に責任があるので貸し付けた金額(3で説明した部分)を全額返すか酒造免許と土地をよこせ」と要求
  8. 太陽酒造は当面の資金繰りのめどが立ち、インターセラーズとの提携関係を解消
  9. 現在、新たな提携先・スポンサーを募集中

これを読んで下さっている皆様にお願いです。こうした状況に追いやられてしまった太陽酒造さんにぜひとも今回だけでも救いの手をさしのべてあげて下さい。もちろん、太陽酒造さんにも甘いところがあったのも事実だとは思います。しかし、こうしたやり口を許すわけには行かないのではないかと思っています。
方法は簡単です。太陽酒造さんの日本酒を一本購入すればよいだけです。どこで買えばよいか判らない方は太陽酒造公式サイトで販売店が紹介されていますのでご確認下さい。掲載されている酒屋さんに電話で聞けば通信販売をしているところもあると思います。

インターセラーズというこの会社、テレビ東京ガイアの夜明けで、さも日本酒業界における救世主であるかのように報道されました。概要はいまでもこちらでみることができます。この概要の中に印象的なコメントがあります。

運営支援を担当するスタッフサービスのグループ会社「インターセラーズ」社長の津端さんは、支援の目的について「日本酒市場は今が底。だが何百年の歴史を持つ日本酒がなくなるわけがない。いずれ業界の淘汰が終われば市場は反転する。そこからがビジネスチャンスなんです」と語る。

きっとここでいう「ビジネスチャンス」とは、市場が反転するまでの間にいかに自分たちの自由になる日本酒の免許と土地をたくさん集めるか、ということが重要だということなのでしょうね。そのために蔵がいままで歩んできた歴史や顧客は全て無視、借金を背負わせて経営権を奪取しなければならないということなのでしょう。さらに経営がうまくいかなくても蔵は広大な土地を持っているのでいざとなれば蔵をつぶして土地をマンションにでもすれば回収可能という算盤をはじいたのでしょうね。

それにしてもこのスタッフサービスの子会社であるインターセラーズという会社のやり方はえげつない。近年の偽装派遣問題なとで派遣業というだけでどうもうさんくさい感じがしていたのですが、今回の太陽酒造さんに関する騒動をみているとさらにうさんくさげな感じが増しました。

2008/02/24追記.一部でこの記事について「感情論」という話も出ているようですが、長らくこのような酒類のBLOGをやっておりますとそれなりに情報は入ってきますし、誰にどのようなことを聞けばどんなことが判るのか、というのも見えてきます。インターセラーズについてはこれだけ大々的に各所で取り上げられている状況と事業開始後に延べ何社と提携して、いま残っているところは何社なのか、現在提携している蔵やかつて提携をしていた蔵の所在地などを冷静に観察すると「なるほど」と判る動きもしています。実際に入手した情報ではここに書いた以上の情報も多々あるのですが、そこまで書くと情報源が秘匿できないのであえて書いていないこともありますことを念頭に置いて頂ければ幸いです。

平成19年度鹿児島県本格焼酎鑑評会表彰式

BLOGを始めてから毎年ご紹介している鹿児島県本格焼酎鑑評会の結果ですが、今年も発表になりましたのでBLOGにてご紹介致します。平成19酒造年度の鹿児島県本格焼酎鑑評会各部門の総裁賞代表受賞の蔵は以下の通りです。()内は受賞銘柄。

TOKYO FM 米焼酎白岳「しろ」PRESENTS テイスティング&トーク~楽しか夜VII

話題としてはやや古くなってしまいましたが、去る1月25日にTOKYO FMが主催し、白岳で有名な高橋酒造が提供をする『米焼酎白岳「しろ」PRESENTS テイスティング&トーク~楽しか夜VII』というイベントが行われました。抽選でご招待ということでしたので、高橋酒造さんの本格米焼酎が色々呑めるかも!という不純な動機でなんとなく応募をしてみたら見事に当選してしまいました。ちなみに高橋酒造さんについては以前こちらのロッソ熊本スポンサー問題で記事にしたことがあります。

当日、会場で饗されたのは「白岳しろ」と「あのころの梅酒」の2品目でした。「白岳しろ」は全体的に甘みがあり、香りも華やかで刺身などととてもあう米焼酎です。「あのころの梅酒」は「白岳」をベースにしているだけあって、甲類焼酎をベースにした梅酒に比べてアルコールのきつさが少なく、まろやかで梅の酸味が上手く引き出されていて大変に美味しい梅酒でした。

贅沢な私は「しろ」のほか、ノーマル白岳や待宵が呑めるかもとかなり期待して出掛けたのですが、イベント自体は、DJさんとゲストのトークがメインで、テイスティングはおまけのような感じでした。お客様も出演者のファンが大勢を占めており、私のようなテイスティング目当てのお客様というのは皆無だったので、品数が限定されていたのは仕方のないことなのかもしれません。高橋酒造さんは焼酎イベントでお逢いする機会もなく、かといって、一社だけの試飲会というのは開催も難しいでしょうし、直接お話をしながら呑むということが出来ないのが、本格焼酎全体を盛り上げていきたい私としては残念です。

芋ばかりに目が向いている昨今、こうした米焼酎も是非味わってみて下さい。特に刺身や馬刺しなどには芋焼酎よりも米焼酎のほうがマッチしていると思いますので、白岳しろを見つけたらものは試しで味わって頂きたいと願います。

蔵元の薦める珠玉の一曲

博多に天神FMというコミュニティFM局があります。小学生DJなどユニークな企画をしかけることで知られるコミュニティFMですが、ここが「おっさんDJ」と称した中高年の男性がパーソナリティを務める番組を放送しています。この番組は毎週土曜に放送されており、4人のDJが輪番で番組を担当しています。ですから、一人一人は毎月一回の登場ということになります。
この中のお一人が九州・沖縄の若手蔵元を呼び、蔵の紹介やここまでの足跡などを語ってもらいながら最後に好きな曲とその思い出を「蔵出しの一曲」と称して紹介するコーナーを放送しています。博多のコミュニティFMということで博多近郊以外の人は聞くことができなかったのですが、この度、蔵元が登場する部分だけが天神FMのサイトで聞けるようになりました!
こちらがそのサイトですが、この記事を書いている段階で渡邊酒造場の渡邊幸一朗さんとグレイスラムの金城祐子さんが登場している回がアップロードされています。蔵元の話と好きな歌が聞ける本格焼酎ファン必聴の貴重な番組だと思います。