蒸留臭(じょうりゅうしゅう)

蒸留の過程で液体に付く独特の臭みのこと。蒸留酒に限らず、精油など蒸留を実施して得られた液体は、蒸留の過程で蒸留元となる物質から香気成分が抜けていく過程で熱による化学変化などによって、独特の臭気が付いてしまうため、最低でも1年はタンクなどに保存し、蒸溜臭のもととなる物質の分解を待つ必要がある。この臭気は、腐臭や焦げ臭、魚類臭、硫黄臭など人によって様々な表現が用いられる。
関連語⇒蒸留(じょうりゅう)

フォローする

本格焼酎の楽しみ関連コンテンツ