仕込み水(しこみすい)

酒類を製造する際に使用される水。酒類は原材料と水を大量に使用し、特に原材料を混ぜ合わせるのに水が欠かせないことから古くは造り酒屋発祥の地とされる山城国伏見、将軍御膳酒として珍重された摂津国伊丹や宮水で知られる摂津国灘五郷、近年では新潟や北陸など酒造の発達している土地は良質な水が湧き出る場所といっても過言ではないくらい美味しい水と酒類は切っても切れない関係にある。特に仕込みに使用される水は軟水が良いとされ、酒質にも影響する大きな存在となっている。

フォローする

本格焼酎の楽しみ関連コンテンツ