早苗饗焼酎(さなぶりしょうちゅう、さなぼりしょうちゅう)

粕取り焼酎の別名。かつて江戸時代の農家では、田植えの肥料として用いるために焼酎粕を必要としていた。そのため、各農家では蒸留機を備え、清酒粕を蒸留して焼酎粕を生産していた。この際に副産物として、粕取り焼酎が取れることから、これを寝かせ、田植えが終わった後に行われる豊作祈願の祭り、早苗饗(さなぶり、あるいはさなぼり)で呑んでいた。このため、粕取り焼酎を早苗饗焼酎と呼ぶようになったと言われている。

フォローする

本格焼酎の楽しみ関連コンテンツ