酒税法(しゅぜいほう)

「酒類」に課税を行うためにその定義・生産・販売・納税方法などを管理するために設けられている法律。酒税法ではアルコール含有量1%以上80%未満の飲料を管轄している。酒類の定義に関しては詳細を「蒸留酒に関する酒税法上の定義について」に記載している。

フォローする

本格焼酎の楽しみ関連コンテンツ