黒千代香(くろぢょか)

主に薩摩で使われている酒器。土瓶のようになっており、事前に焼酎に水を入れて割っておいたものを呑む前に暖めるために使用される。直火に掛けると割れやすく、かつては囲炉裏、現在では石油ストーブの上に置いて暖めることが多い。茶器が転じたので「ぢょか」と記す。
関連語⇒割水(わりみず)酒器(しゅき)からから(からから)

フォローする

本格焼酎の楽しみ関連コンテンツ