本格焼酎の楽しみ本格焼酎用語集カ行 > 黒千代香(くろぢょか)

黒千代香(くろぢょか)

主に薩摩で使われている酒器。土瓶のようになっており、事前に焼酎に水を入れて割っておいたものを呑む前に暖めるために使用される。直火に掛けると割れやすく、かつては囲炉裏、現在では石油ストーブの上に置いて暖めることが多い。茶器が転じたので「ぢょか」と記す。
関連語⇒割水(わりみず)酒器(しゅき)からから(からから)


本格焼酎用語集カ行一覧へ戻る | 本格焼酎用語集へ戻る


copyright (c) 2003-2017. all rights reserved.
本コンテンツの著作権は全て作成者に帰属しています。
本コンテンツの無断転載・無断使用を禁止致します。
このサイトは個人で作成しているものです。酒類の販売などに関するお問い合わせには答えられません。
mail to "webmaster@shochu.jp"
since 2003.07.01