光量規制(こうりょうきせい)

木樽に貯蔵した焼酎は年月を経ることで自然と着色していく。国税庁では着色に関して詳細な規制をしており、この規制を一般的に「光量規制」と呼ぶ。光量規制は「酒税法の規定」という文言とともに紹介されることが多いが、正確には、国税庁から各事業者に対して通達されている「酒税法及び酒類行政関係法令等解釈通達」のうち、酒税法第50条第1項及び酒税法施行令第56条第3項関係の法文解釈として出されているものである。光量規制に関しては詳細を「本格焼酎の光量規制について」に記載している。

フォローする

本格焼酎の楽しみ関連コンテンツ