薩摩焼酎蔵を巡るバスツアー開催される

リンク: 本格焼酎蔵元巡りバスツアー | NNNニュース.

記事自体には具体的にどこへ行ったのかは小正醸造しか出ていないのですが、おそらくしっかりとした見学設備の整った大手蔵元を見学したものと思われます。焼酎に対するポテンシャルはまだまだあるのですが、ブームの後遺症でどうやって引き出していくかを模索している時期なのではないかと思います。こうしたツアーもその一環なわけですが、実際に製造現場を見るということは愛着にもつながりますし、特にある程度好きだけど一押しではない、といった層に深く印象を持ってもらうという視点では有意義だと思います。実際にサントリー山崎蒸留所へ行けば、無料ということで試飲をして、おいしいというインプットから構内売店でウイスキーでも買って帰ろうか、という気にもなるもので、家にウイスキーがあることでそこから広がる購入というのは意外とばかに出来ないと思います。
こうした試みを少しずつ広げられると良いのではないでしょうか。

11月1日に大阪駅前第1ビルで鹿児島薩摩焼酎の試飲即売会

リンク: 11月1日は"本格焼酎の日" 鹿児島県PR&試飲・販売:産経関西(産経新聞大阪本社公式ニュースサイト).

明日、11月1日は本格焼酎の日ですが、大阪駅前第1ビル地下2階特設会場で薩摩焼酎の試飲即売イベントが行われるそうです。九州新幹線全線開通ということもあって、大阪で鹿児島や熊本がキャンペーンを行うことが増えていますが、このイベントもそうしたところがあると思います。
19時までやっているそうですので、仕事帰りにぜひ立ち寄っていただき、鹿児島の焼酎を堪能してください。

神奈川県開成町特産の弥一芋で焼酎を生産へ

リンク: 「弥一芋」復活へ、開成町ゆかりのサトイモを特産に/神奈川 :ローカルニュース : ニュース : カナロコ -- 神奈川新聞社.


かつて神奈川県足柄上郡酒田村(現在の同郡開成町)で作られていた弥一芋(やいちいも)を復活させよう、という動きがあるそうです。弥一芋はサトイモの一種で第二次世界大戦前には広く酒田村を中心に栽培されていたそうですが、戦後になると見栄えが良く収穫量も安定している他の品種に取って代わられてしまいました。それを復活させて開成町の名物にしようという動きが実を結びつつあるそうです。本来は子芋のみを収穫して、種芋にあたる親芋は廃棄になります。しかし、その親芋も有効活用すべく、本格焼酎にしようということだそうで、既に仕込みは進んでおり、熟成を経て来年の夏頃には開成町へやってくる見込みになっています。基本的に開成町の中で販売されるようですので、機会がありましたらぜひ弥一芋の焼酎を味わいに開成町を訪れてみて下さい。

すべてを自分たちで携わった焼酎

リンク: 中日新聞:活動2年目 収穫好調 能登産 芋焼酎を造ろう:石川(CHUNICHI Web).
リンク: うまい焼酎にな~れ 朝地で稲刈り交流【大分のニュース】- 大分合同新聞.

焼酎ブームの頃、東京の飲食店などで自分たちで焼酎を造ろうという動きがありましたが、それが全国に広まり、このような活動が日本中で行われています。東京の飲食店はその後撤退してしまったようですが、他の地域の地に足のついた活動はこのように続いています。意外な地域でもこうしたことが行われていますので興味のある方は調べてみるとよろしいかもしれません。

札幌で第11回酎楽園開催

リンク: 【第11回 酎楽園】|イベント | 東京ドームホテル 札幌 | 札幌大通公園に隣接するリゾート型シティホテル.

今年で11回目を数える札幌の本格焼酎イベントが今年も開催されます。今年は軸屋酒造の軸屋麻衣子氏がスペシャルゲストして参加されるそうです。札幌の方は参加されてはいかがでしょうか。

東京飯田橋の地酒祭り秋の陣に焼酎蔵も参戦

リンク: 10/22(土)飯田橋@地酒祭り秋の陣 2011開催! - 日本酒サービス研究会・酒匠研究会連合会 SAKE SERVICE INSTITUTE[SSInet].

今週末の土曜日22日に東京飯田橋のホテルエドモントで日本酒のイベントが開催されます。日本酒主体ではありますが、福岡の杜の蔵・宮崎の京屋酒造・鹿児島の奄美大島開運酒造も名前を連ねていますのでご紹介する次第です。杜の蔵は日本酒主体ではありますが、粕取り焼酎でも名前の知られた蔵です。週末のレジャーが決まっていない方はぜひどうぞ。

香港で薩摩焼酎などの商談会

リンク: 香港で鹿児島県産品商談会 県内29企業・団体が参加 | 鹿児島の情報は南日本新聞 - 373news.com.

鹿児島県の各企業が香港で鹿児島県産品の商談会を行ったという話題です。
今でこそ中国本土に直接窓口が出来ていますが、なんといっても香港は観光都市でもあり、一国二制度のもとでまだまだその重要性は失われていません。
香港を足がかりにして日本の本格焼酎に対する評価が高まってくれれば、国内にもいい刺激になると思います。
今後の展開が楽しみです。

芋焼酎や麦焼酎などでハイボールをつくる

ハイボールというとすっかりサントリーのウイスキー、特に角瓶を使ったものという印象ですが、もともとハイボールはスピリッツなどのハードリカーを炭酸水やソフトドリンクで割ったお酒の事を指しています。ですから焼酎を炭酸水で割ってもハイボールとなります。日本の特殊事情で、ハイボールといえばウイスキーサワーとなっているため、たとえば焼酎ハイボールは「酎ハイ」と略されてしまっていますし、オレンジジュースと炭酸水と連続式蒸留焼酎を合わせたものは「オレンジサワー」と呼ばれます。
また、数年前の本格焼酎ブーム(鹿児島芋焼酎ブーム)の際、ブームに乗ってグルメ雑誌に登場した店や人々がBLOGや自分で書いた書籍、自分の店などであまりにも焼酎と蔵元を神聖視した発言ばかりしていたこともあり、どうも本格焼酎に炭酸水を入れて飲むのはだめなんじゃないかというイメージが付いてしまっているようです。
最近、そういう人々がグルメ雑誌や自分のサイトで本格焼酎に炭酸水をいれた焼酎ハイボールを堂々と薦めているのはあまりにも手のひら返しで極めて残念なのですが、彼らにも生活があるので仕方がないのだと思うようにしています。

余談が長くなりましたが、そんなわけで今回は本格焼酎で作るおいしいハイボールの作りかたをまとめてみたいと思います。
1.味わいが濃いほうが良い
芋焼酎でも麦焼酎でも黒糖焼酎でも米焼酎でも泡盛でも基本的に何でもおいしいのですが、味わいが薄い焼酎は炭酸に負けてしまい、いまいちになります。本格焼酎の持つ風味や味わいを楽しめるハイボールにするには、なるべくレギュラー焼酎のほうが良いと思います。
2.割り方は1:3くらい
ウイスキーのハイボールはウイスキー1に対して炭酸水4が推奨されていますが、これはウイスキーのアルコール度数が40度と高いためにこの分量になります。焼酎の場合、おおむね25度が多いため、炭酸水を少なめにして、焼酎を多くします。その分量は焼酎1に対して炭酸水が3くらいがベストです。また、使う焼酎が35度の場合にはウイスキーハイボールと同じように焼酎1に炭酸水4くらいにするのがいい塩梅です。
3.かんきつ類は好みで
ウイスキーハイボールはレモンを少し絞るレシピですが、焼酎ハイボールでは好みでよいと思います。レモンを少し絞るのももちろんですが、黒霧島ハイボールにカボス、泡盛ハイボールにシークワーサーをそれぞれ少し絞ったり、黒糖焼酎ハイボールにパッションフルーツを浮かべるなどというのもオツです。白波ハイボールに梅干を少し入れるという人もいました。

本格焼酎はお湯割りだけが至高の飲み方ではなく、さまざまに楽しめるアルコールです。好きなスタイルで楽しみたいものです。

関西かごしま焼酎祭りが開催される

リンク: 500人が飲み比べ 関西でかごしま焼酎祭り : 南日本新聞エリアニュース.

関西鹿児島県人会主催ということで行われたイベントのようです。ホテルのサイト県人会のサイトに案内が見つかりました。ホテルの宴会場を使用して500人ですから結構な賑わいだったようです。報道の写真を見ると年配の方が多かったようで、横浜の焼酎イベントなどとは客層が違うようです。もし参加者の大部分が県人会の会員でないとするならば、成功だったのではないでしょうか。
こうした草の根の試飲イベントは今後重要になっていくと思います。関東では渋谷・鹿児島おはら祭がありますが、それ以外でも蔵元が中心となって、さまざまなイベントで盛り上げていく必要があるのではないかと思います。今後に期待したいものです。

関西かごしま焼酎祭りが開催される

リンク: 500人が飲み比べ 関西でかごしま焼酎祭り : 南日本新聞エリアニュース.

関西鹿児島県人会主催ということで行われたイベントのようです。ホテルのサイト県人会のサイトに案内が見つかりました。ホテルの宴会場を使用して500人ですから結構な賑わいだったようです。報道の写真を見ると年配の方が多かったようで、横浜の焼酎イベントなどとは客層が違うようです。もし参加者の大部分が県人会の会員でないとするならば、成功だったのではないでしょうか。
こうした草の根の試飲イベントは今後重要になっていくと思います。関東では渋谷・鹿児島おはら祭がありますが、それ以外でも蔵元が中心となって、さまざまなイベントで盛り上げていく必要があるのではないかと思います。今後に期待したいものです。

南国殖産が鹿児島中央駅前に焼酎屋台村

リンク: 新幹線駅前に屋台村 鹿児島市 / 西日本新聞.
リンク: 南国殖産が焼酎の屋台村 ホテルニューカゴシマ跡地 : 南日本新聞エリアニュース.

鹿児島中央駅の前に薩摩焼酎を中心にした観光屋台を作ることが明らかになりました。薩摩焼酎と郷土料理を鹿児島の言葉で提供することで文化の発展に貢献したい、という趣旨のようです。出店者は公募するとのこと。低迷が続く鹿児島焼酎業界にとっては、地味ですが今後につながる試みになると思いますので、ぜひとも率先して出店して、鹿児島の薩摩焼酎を九州新幹線で訪れる県外客へアピールしていって欲しいと思います。

南国殖産が鹿児島中央駅前に焼酎屋台村

リンク: 新幹線駅前に屋台村 鹿児島市 / 西日本新聞.
リンク: 南国殖産が焼酎の屋台村 ホテルニューカゴシマ跡地 : 南日本新聞エリアニュース.

鹿児島中央駅の前に薩摩焼酎を中心にした観光屋台を作ることが明らかになりました。薩摩焼酎と郷土料理を鹿児島の言葉で提供することで文化の発展に貢献したい、という趣旨のようです。出店者は公募するとのこと。低迷が続く鹿児島焼酎業界にとっては、地味ですが今後につながる試みになると思いますので、ぜひとも率先して出店して、鹿児島の薩摩焼酎を九州新幹線で訪れる県外客へアピールしていって欲しいと思います。