本格焼酎・泡盛横浜大選集前売り券完売

以前からたびたび書いている「本格焼酎・泡盛横浜大選集」(通称.横酎)ですが、昨日の段階で全ての前売り券が完売してしまったそうです。主催している横浜焼酎委員会の会員各位が売る予定だったものも全て回して、それでも足りなくなってしまったようです。
私個人としては、このイベントが盛り上がるということは、蔵の名前や銘柄といったものではなく、純粋に本格焼酎と泡盛を楽しもうという方が増えているということだと考えています。もちろん、そうしたファンばかりが集まるということは、視点が厳しいわけで、実際に横浜へ来ている各蔵元は毎年かなりの厳しい評価に晒されていると思います。でも、毎年のように「横酎は楽しい」と来ている蔵元が大変に多いことは、私のような焼酎ファンにとっては大変に有り難く嬉しいことだと思っています。
当日券がどの程度用意されているか判りませんが、ホール自体の定員が1200人であることを考えると早々になくなってしまうかもしれません。チケットをまだお持ちでない方は早めに会場へ行かれることをお薦め致します。

そしていま思うことは、横浜だけではなく全国各地で横浜のような一飲兵衛が主催する純粋な焼酎イベントが出来ないかな、ということです。きっと、こうしたイベントがほかでも行われれば、もっともっと本格焼酎と泡盛は、日本に文化として定着していくことでしょう。それを願って止みません。

青鹿毛初荷、いま麦焼酎が熱い

6月9日、宮崎都城から新しい麦焼酎が出荷されました。柳田酒造さんの青鹿毛という焼酎です。常圧で蒸留されたこの麦焼酎はいままで多くの人がもっていた麦焼酎に対するイメージを大きく変えることと思います。

いつも芋ばかりで麦は苦手という方も柳田酒造の駒・赤鹿毛・青鹿毛、渡邊酒造場の麦麦万年・万年星、宮原酒造の嶋自慢、壱岐焼酎組合の壱岐っ娘・大祖、小玉醸造の潤の醇、樫立酒造の島の華、ゑびす酒造のらんびき、藤居醸造の泰明、常徳屋酒造場の常徳屋、久家本店の常蔵、重家酒造のちんぐを是非本格焼酎・泡盛横浜大選集へ呑みにきて下さい。全てを気に入ることはなくてもきっとどれかは好きになってもらえると思います。

今日はちょっと熱くなってしまいました(;^^A

第7回本格焼酎・泡盛横浜大選集

さあ、今年も本格焼酎・泡盛横浜大選集の季節です。毎年同じことを書いているような気もしますが、私が知る限り、酒販店でもなく、飲食店でもなく、卸売りでもなく、業界団体でもない単なる一飲兵衛が主催する酒類関係のイベントとしては日本最大級だと思います。また、本格焼酎関係のイベントとしても日本最大でしょう。このイベントだけは何があっても参加するという蔵元も多く、大変に盛り上がります。他のイベントと比べると全国各地から色々な蔵が集合しているという特徴があります。残念ながら黒糖の蔵元はここ数年参加されていないのですが、なにしろ鹿児島だけでなく、壱岐・球磨・伊豆諸島・宮崎・地元神奈川の蔵元も多く参加しており、偏りのないイベントとなっています。

私は今年も参加予定です。皆さんも時間が上手く合えば是非参加してみてください。作った人の話を聞きながら呑む本格焼酎・泡盛の味わいは格別です。詳細は以下の通りです。


【開催日時】2008年 6月28日(土)14時30分開場、大試飲会15時~17時
【会場】横浜港国際旅客ターミナル大さん橋ホール
【参加費】前売5000円、当日6000円
【チケット販売場所】以下の場所で販売中
1.有隣堂
伊勢佐木町本店横浜駅西口ザ・ダイヤモンド店ルミネ横浜店ランドマークプラザ店川崎BE店の各店舗
2.チケットぴあ(Pコード 612-988)
※前売りは予定数終了とのことです。当日券は14時30分から発売開始です。