FOODEX JAPAN 2008 レポート9~東京農大花酵母研究会・福岡県酒造組合・MN Propolis・総括感想~

FOODEX JAPAN 2008のレポート最終回はそのほかで目に付いたブースと全体的な感想を報告致します。

1.東京農大花酵母研究会
昨年も出展していた東京農業大学の花酵母研究会さんは冷蔵ケースなどを持ち込んだ展示を止めて、瓶をたなに並べるという展示方法をされていました。お話をお伺いしたところ、現在は「花酵母」というブランド造りの真っ最中であるとのことです。「いままでは蔵の名前や銘柄、純米などといった製法、米焼酎などといった原材料で選ばれることが多い酒類にもうひとつ『お酒を酵母で選んでみませんか?』という提案を今後もしていきたい」というお話も聞くことが出来ました。来年度以降の展開も現在模索中とのことです。

2.福岡県酒造組合
各都道府県酒造組合としては唯一の参加となった福岡県酒造組合では加盟全社の日本酒・本格焼酎・リキュールを並べ、試飲会を行うとともに「福岡の清酒」「博多焼酎」のコンセプトや多様性を訴えていました。粕取焼酎の統一ブランドである「ふくよか」も並んでおり、少し頂きましたが、吟醸粕取の良さと正調粕取の個性が同居した大変に美味しい粕取焼酎でした。正調粕取焼酎を呑んでみたいけどあのアクの強さはどうも苦手だという方はまずこれを試してみることをお薦めします。正調粕取入門編として最適だと思います。

3.MN Propolis
昨年も出展していたMN Propolisさんが今年もマンジオッカ芋を使用した本格焼酎をブラジルブースに展示していました。日本ではマンジオッカ芋はキャッサバという名称の方が知られていますが、濱田酒造技術協力の「伯魂」(はっこん)という(日本でいうところの)本格焼酎は昨年に比べて味がマイルドになっており、技術の向上が伺えました。


~全体感想~
2回目の参戦となりましたが幕張メッセは何しろ広大で歩き回るだけでも大変に疲れました。全体的な感想としては鹿児島芋焼酎ブームが一段落する中で、バイヤーなどの業界関係者は違った展開を模索しているように見受けられます。日本酒造組合中央会のブースが好例で、昨年は芋焼酎のところへ鈴なりになっていましたが、今年は麦や米のところにも人がだいぶ分散しておりました。また、昨年は人が切れることの無かった鹿児島の大手蔵ブースが全体的に人が減少していて、ブースの方とゆっくり話をすることが出来たのも印象的です。一方で、今年初参戦の霧島町蒸留所さんには人が多くいらしていたり、琉球泡盛の蔵にも昨年より人がいるなどといった動きもありましたので、業界内では鹿児島の芋焼酎が一巡し、違ったタイプの焼酎を求める動きが見えてきたように思えます。

9日間に渡ってレポートをしましたが、ここまで読んで下さった皆様、どうもありがとうございました。このBLOGでは今後も本格焼酎に関してこのようなレポートもしていきたいと思っておりますので引き続きご愛読頂ければ有り難く思います。

FOODEX JAPAN 2008 レポート8~久米島の久米仙・(有)比嘉酒造・グレイスラム~

FOODEX JAPAN 2008レポートの第8回目は残った琉球泡盛とラム酒のブース3つです。

1.久米島の久米仙
久米島の久米仙さんは昨年と同様に多数の商品ラインナップを揃え、泡盛の特性や商品による味わいの違いなどを訴求されていました。商品ラインナップはバイヤーの目にもだいぶとまっていたようです。

2.(有)比嘉酒造
横浜大選集にもいらしていた残波の有限会社比嘉酒造さんでは今年も商品ラインナップを中心に紹介されていました。度数が高いので小さな容器で少しずつの試飲にしていましたが、その分色々な味わいが確認できるのでありがたい提供方法でした。

3.グレイスラム
横浜大選集ではすっかりおなじみになったグレイスラムさんがFOODEXに初登場されていました。いままで百貨店などで消費者相手に出店をしていたわけですが、今回はバイヤーなど業界関係者への売り込みということで気合いが入っていたようです。実際にいままでは接点の無かったところとの接点が出来たようで、今年から来年に掛けて、色々なところでCORCORを見られるようになりそうです。

FOODEX JAPAN 2008レポート最終回はいままでにご紹介したブース以外で目に付いたブースをご紹介して、全体的なまとめを致します。

FOODEX JAPAN 2008 レポート7~(株)比嘉酒造・久米仙酒造・ヘリオス酒造~

FOODEX JAPAN 2008レポートの第7回目は琉球泡盛関係ブースからまず3蔵です。

1.(株)比嘉酒造
昨年は(資)比嘉酒造、今年は会社組織変更によって株式会社比嘉酒造さんはメイン商品の島唄を中心に定番となった「まさひろもろみ酢」を並べておりました。そして、今年はこれらに加えて梅酒とタンカンのリキュールを出展していました。梅酒もタンカンもベースは比嘉酒造さんが醸されている泡盛で、特に梅酒は1年しっかりと寝かせたそうで、甲類焼酎ベースの梅酒とは違って、アルコールの角が取れて大変に丸い味わいの美味しい梅酒になっていました。タンカンのリキュールはタンカンの風味が感じられてこちらも絶品でした。泡盛の切り口としては大変に面白くて美味しい商品だと思います。

2.久米仙酒造
昨年は米酢「三年熟成 黒麹造り米酢」が印象に残った久米仙酒造さんですが、今年も昨年同様に「久米仙」の飲み比べを行っており、度数やタイプの違いによる泡盛の奥深さやラインナップを強調されていました。

3.ヘリオス酒造
ヘリオス酒造さんは「くら」がで有名ですが、今年は紅芋で醸された「紅一粋」という芋焼酎をメインとする展示をされていました。紅芋は沖縄県の特産品で、この紅芋焼酎も沖縄県内の契約農家が栽培した紅芋のみを使用しているとのことです。黒麹で仕込んだ紅芋焼酎は香りが華やかでありながら香ばしさもあり、泡盛蔵が醸した芋焼酎という感じのする美味しい芋焼酎でした。

次回も琉球から泡盛蔵を2つとラム酒の蔵をご紹介します。

FOODEX JAPAN 2008 レポート6~霧島町蒸留所・濱田酒造・西原商会~

FOODEX JAPAN 2008のレポート6回目は鹿児島の蔵元の続きで最後の3ブースをお伝えします。

1.霧島町蒸留所
FOODEXには初お目見えの霧島町蒸留所さんは祁答院蒸溜所と合同展示でした。霧島町蒸留所といえば「明るい農村」「農家の嫁」などそのネーミングにインパクトがあるわけですが、いずれの焼酎も手作りで非常にオーソドックスな美味しい焼酎です。ブースはFOODEX事務局が立てたそのままのブースに手書きの掲示がしてあるだけの簡素なものでしたが、それが逆にインパクトとなったようで多くの人がブースに立ち寄っていました。自分たちのつくった芋焼酎を多くの人に知って欲しい、呑んで欲しいという気持ちがストレートに伝わる話が聞けて、他の方も満足してブースを立ち去っているのが印象に残りました。

2.濱田酒造
濱田酒造さんは現在3つの蒸留所で焼酎造りをされています。今回はその3つの蒸留所のコンセプトや考え方の違いを中心とした展示をしていました。色々な商品で訴求できる点を訴えていましたが、今年の一押しは大河ドラマの主人公から名前を取った「天璋院篤姫」だそうです。主に女性をターゲットとしているため、ロックで呑んで柔らかくなるように黄麹を使って仕上げたとのことでした。

3.西原商会
西原商会さんは鹿児島に本社を置く業務用総合食品卸で、残念ながら一般消費者との接点はありません。しかし、なぜここを取り上げるかというと西原商会さんがプライベートブランドとして出している「酔楽人」(よくろんぼ)と「夢の一滴」という芋焼酎が大変に美味しかったためです。特に「酔楽人」は芋の甘みがしっかりとありながら味にキレがあり、お湯で割って呑むとおそらく大変に伸びる焼酎だと思います。説明されていた方曰く「鹿児島に本社を置く食品卸として、他のメーカーさんが出していない納得のいくプライベートブランドを出したかった」とのことですが、十二分にその意図を達成している焼酎だと思います。惜しむらくは食品卸のプライベートブランドなので一般消費者が直で買うことは出来ず、居酒屋やホテル・旅館などでしか呑めない限定ブランドということです。しかし、本当の意味で「幻の銘柄」ともいえるわけで、もし、居酒屋などへ行ってこの焼酎がありましたらぜひとも一回呑まれることをお薦めしたいと思います。

次回は琉球泡盛の蔵をレポート致します。

FOODEX JAPAN 2008 レポート5~若松酒造・山元酒造・小正醸造~

FOODEX JAPAN 2008のレポート5回目は鹿児島の蔵元の続きで3ブースをお伝えします。

1.若松酒造
昨年は「薩摩一」を全体に押し出していた若松酒造さんは「黒わか松」や「薩州麦」も並べて、商品のラインナップを強調していました。それぞれの商品によって特性が分かれており、居酒屋さんなどの求めるシーンに応じて商品を色々と提案できることが強みだと語っていらしたのが印象的でした。

2.山元酒造
さつま五代」の山元酒造さんは子会社であるオガタマ酒造との合同ブースでの出展でした。自社製品をほぼ全て並べ、ラインナップを強調する展示をされていました。

3.小正醸造
昨年は「小鶴黄麹」一色という異色の展示をしていた小正醸造さんです。今年は数ある商品群から「小鶴」「小鶴くろ」「小鶴黄麹」の3点に絞った展示をしていました。FOODEXは大手小売店のバイヤーや居酒屋さんが多く来場するということで、この3点に絞り、さらに白麹・黒麹・黄麹という3タイプを同じ商品名で出すことで飲み比べの楽しさと芋焼酎の幅の広さや奥深さを訴求していきたいと語っていらっしゃいました。実際に飲み比べてみると確かにそれぞれの麹の特性がしっかりと判る作りになっており、飲み比べセットなどの展開が楽しいと思いました。

次回は鹿児島の蔵から最後の3ブースのレポートを致します。

FOODEX JAPAN 2008 レポート4~薩摩酒造・本坊酒造・田苑酒造~

FOODEX JAPAN 2008のレポート4回目は鹿児島の蔵元から3ブースをお伝えします。

1.薩摩酒造
さつま白波で知られる薩摩酒造では今年もお湯割りの美味しい割り方など、ブースは全体的に鹿児島の焼酎文化を伝えようという内容となっておりました。また、「枕崎」も昨年より強調されていましたが、地名商品の先駆けとして頑張って欲しいものです。

2.本坊酒造
本坊酒造さんは本格焼酎を中心とした昨年の展示とは違って、今年はマルスワイン・マルスウイスキーを中心とする展示になっていました。もちろん、本格焼酎は主力ということでプロモーションはしっかりとなされていましたが、本格焼酎だけでなく、ワインやウイスキーも醸す総合酒類メーカーとしての位置づけを強調したいのかな、という印象を持ちました。

3.田苑酒造
昨年この会場で頂いた麦焼酎「田苑麦 黒麹」は今年も大々的にブースで宣伝されていました。今年も田苑麦黒麹はしっかりとした味わいにまとめられており、おいしくでき上がっておりました。

5回目は鹿児島の蔵元の続きをレポート致します。

FOODEX JAPAN 2008 レポート3~木内酒造・吉村秀雄商店・喜久水酒造~

FOODEX JAPAN 2008 レポート3は、九州以外の3蔵を紹介します。

4.木内酒造
茨城県にある蔵元です。元々清酒の蔵元ですが、展示自体は地ビールがメインでしたが、今年も米焼酎「木内」を出されていました。毎年きっちりと味わいのある焼酎を出してくるところにこの蔵の技術力を感じます。

5.吉村秀雄商店
和歌山県の合同ブースでは「鉄砲隊」という清酒で知られる吉村秀雄商店さんが米焼酎「黒潮波」を出されていました。「黒潮波」は15年間熟成させたうえで出しているという点からもブームなどという短いスパンで企画されたわけではないことが良く判ります。長期熟成された米焼酎の美味さを存分に感じさせてくれました。必ずしも美味しい日本酒を造る蔵が美味しい米焼酎をつくることが出来るわけではないのですが、「黒潮波」は「鉄砲隊」という旨い清酒の良さを存分に引き継いだ米焼酎だと思います。

6.喜久水酒造
長野県の合同ブースでは「喜久水」が東京でも著名な喜久水酒造さんが顔を出していました。伊奈産のサツマイモを使用した「風太」やそば焼酎「信州そば二八」、「こだわり梅酒」を出品していました。「信州そば二八」は米麹2にそばが8と「二八そば」のような作り方をしているそうです。さらに味を追求したところ、度数も28%という度数になったとか。生で頂きましたが、これはそば湯で割ったらきっと大変に美味しいそば焼酎になるのだろうな、という予感をいだきました。また、米焼酎に地元の小梅(竜峡小梅)で漬けた「こだわり梅酒」も本格焼酎ベースだけあって、マイルドで梅の良さが引き出されていた一品に仕上がっていました。

次回は鹿児島の蔵元から薩摩・本坊・田苑の3酒造をレポート致します。

FOODEX JAPAN 2008 レポート2~楽丸酒造・紅乙女酒造・西吉田酒造~

FOODEX JAPAN 2008 レポート2は、まず鹿児島・沖縄以外の蔵元から「久留米地域地場産業振興センター」の合同ブースに出展していた3蔵を紹介します。

1.楽丸酒造
楽丸酒造さんはサッポロビールの子会社なのですが、久留米の合同ブースで出展している点からも地元密着の姿勢が伺えます。従来から発売していた「和ら麦」という白麹麦焼酎に加えて、3月5日に発売されたばかりの「黒和ら麦」も並べていました。「和ら麦」がすっきりしているのに対して「黒和ら麦」は麦の香ばしさが前面に出ている焼酎でした。これから居酒屋さんに展開していくとのことで楽しみです。なお、「和ら麦」は居酒屋卸のみだそうですが、「黒和ら麦」は一般店頭売りもされるそうです。

2.紅乙女酒造
楽丸酒造さんの隣に顔を出していたのが胡麻焼酎で有名な紅乙女酒造さんです。今回も胡麻焼酎の元祖としておなじみの「胡麻祥酎 紅乙女」と「筑紫次郎」という麦焼酎が並べていました。基本的に紅乙女酒造さんはきちんと貯蔵したロックで美味しい焼酎を世に問うというスタンスです。きっちりと毎年味を変えることなくまとめているのはさすがの技術力だと思います。

3.西吉田酒造
久留米合同ブースにはもう一蔵、西吉田酒造さんが出ていました。安くて美味しい焼酎と評価の高い「つくし」はあえて並べず、「和泉の杜」「釈云麦」「金印物語樽」「にんじん焼酎」「かぼちゃ焼酎 オニウシ」「和泉の杜」などを並べ、つくし以外にも美味しい焼酎をつくっているというところをアピールされていました。「釈云麦」は常圧無濾過麦焼酎だけあって、お湯できっちり割って呑みたい焼酎で、にんじんやかぼちゃはそれぞれの甘みがほんのりと口に残る焼酎でした。「和泉の杜」はすっきりとしながらも甘さがしっかりと舌に残る米焼酎です。いずれの焼酎も「食中酒」というコンセプトで醸されているそうで、確かにどの銘柄も刺身や焼き魚をつまみながらゆるゆると呑みたい焼酎でした。

次回は九州以外の3蔵をレポート致します。

FOODEX JAPAN 2008 レポート1~日本酒造組合中央会 本格焼酎&泡盛ブース~

2008年3月11日~14日の日程で国際食品・飲料展――FOODEX JAPAN 2008が幕張メッセにて開催されました。FOODEX JAPANは業界関係者による商談と新商品の紹介を行う専門展示会になります。何回かに渡りましてFOODEX JAPAN 2008の本格焼酎と泡盛に関係する各ブースのレポートをお届け致します。なお、昨年のレポートを元に比較しながら書いている部分もありますので、よろしければ昨年のレポートもぜひご参照下さい。

今回は日本酒造組合中央会ブースの様子をご紹介します。

メインの企画は日本全国から様々な蔵元の本格焼酎・泡盛が試飲出来るコーナーでした。今年もまんべんなく様々な銘柄が並べられていました。粕取り焼酎は正調粕取去年が5種類であったのに対して、今年は7種類と若干増えています。
南ん風さんの調査によると粕取(米焼酎ブレンド含む)は34銘柄で、正調粕取は同銘柄度数違い込みで8種類のようです。

また、今年もアンケートともに米・麦・芋・泡盛・そばの飲み比べクイズが行われておりました。銘柄を伏せて純粋に原材料だけで飲み比べをすると味わいの違いがはっきりと判ります。ただ、残念なのは昨年は存在したお湯割りの提供方法に関するレクチャーが今年は消えていたことです。これからますます文化を普及していかなければならないフェーズなのお湯割りが消えてしまったのは極めて残念です。

2回目は鹿児島県・沖縄県以外で出展していた蔵元をご紹介します。

焼酎と水

こうした本格焼酎のBLOGをやっていますと「割る水はどんなのがいいのかね」などと聞かれることも多いのですが、お湯割りにしても水割りにしてもロックにしても水は大変に重要です。本当は蔵元さんの仕込み水で割るのが最も良いのですが、そんな貴重な水はなかなか手にはいるはずもなく、毎回ミネラルウォーターというのもバカにならないので私は手近なところで水道水を浄水器に掛けたものを使っています。とはいえ、ここ一番というときにはやっぱりミネラルウォーターを使うこともあります。
「どんな水を使っているのですか」という質問も多々ありますので私がいい水で呑みたいと思ったときに使用している水をご紹介します。

一番手に入りやすいのが「六甲のおいしい水」です。これはコンビニでも買えますし、500mlからあるので量も適当で良いと思います。「富士山のバナジウム天然水」もよく使います。また、私の知人は「潤命」という温泉水を使っています。私もご相伴したのですが、普通のミネラルウォーターに比べて、余計な雑味が無く、焼酎の味わいをくっきりはっきりと出してくれました。せっかく贅沢するのならばこうした水も良いと思います。

まだ他にも色々と良い水はあると思いますが、水は凝りはじめるときりがなくなってしまいますので、これがいいと思ったらそれを使い続けるのが一番だと思います。