鹿児島県酒造組合連合会が公募していた薩摩焼酎の認証マーク決定!

リンク: 「薩摩焼酎認証マーク」決定.

以前、マークを募集しているという記事を書きましたが、公募された中から厳正な審査を経てマークが無事に決まったようです。商標の問題がありますのでマーク自体をここではご紹介することはしませんが、黒ぢょかと猪口をデザインしたなかなか素敵なマークだと思います。鹿児島県産芋焼酎にはこれから付けられるようなので実際に見るのはもうしばらくあとになりそうですが、このマークがイメージアップとよりいっそうの普及につながってくれると嬉しいですね。

2006酒造年度の鹿児島県本格焼酎生産量・出荷量まとまる

リンク: 鹿児島県産の本格焼酎、06酒造年度の出荷量4.2%増.

いささか旧聞に属す話題ですが、今年も鹿児島県産本格焼酎の出荷量がまとまりました。引き続き、芋焼酎の出荷量は伸びているようですが、その伸びはだいぶ落ち着きを見せてきたようです。たしかにスーパーなどでも鹿児島県の大手蔵元産芋焼酎を多数見掛けるようになっていますからだいぶ必要な量は出回るようになってきているのでしょう。より一層の出荷を目指してまだ甲類(連続式蒸留焼酎)の強い東北・北海道への普及と海外輸出を目指すようですが、東京などの大都市圏でもまだまだファンを開拓する余地は残っていると思います。東京で呑んでいる人々が必ずしも本格焼酎をしっかりと受け入れたわけではなく、ブームだから呑んでいるという向きも多いと思います。また、料飲店が本格焼酎の正しい飲ませ方を知らず、折角の美味しい焼酎をまずくしてしまっていて、焼酎の味はこんなものであると思ってしまっている人もかなりの数になります。量の普及も大事ですが、これからはどんな局面でも本格焼酎を呑んでもらえるように文化の普及も重要になってくると思います。本格焼酎の文化は鹿児島だけのものではなく、九州全域、そして伊豆諸島の島々にも存在する文化なのですから、そうしたところと共同で啓蒙啓発キャンペーンをしてもいいと思います。

いよいよ2007年の芋焼酎の仕込み開始

リンク: 早くも芋焼酎仕込み 松露酒造.

松露」「心水」でおなじみの松露酒造さんが仕込みに入ったというニュースです。立秋を過ぎた頃から芋焼酎の仕込みが始まります。実際に本格的な仕込みが始まるのは9月くらいからですが、だいたい立秋を過ぎたあたりから早堀のサツマイモが収穫可能になるためです。そして立冬くらいには最初の頃に仕込んだ芋焼酎が新酒として楽しめます。こうしたニュースを見るといよいよ夏も盛りだなぁ、と思います。